カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 east[46]

投稿日:2013年9月4日

蟹とたはむる

北海道←青森←岩手←宮城←福島←茨城←千葉←東京←神奈川←静岡←神奈川
←東京
2008年11月28日

 函館の歴史探訪を終えると、山麓駅からロープウェーで函館のシンボルの函館山に登った。山頂からの展望は絶景だ。
 函館の市街地を一望する。足元には元町を中心とする西部地区の街並みを見下ろす。駅前の繁華街大門にはビルが建ち並んでいる。函館港がよく見える。目をすこし遠くにやると、緑に包まれた五稜郭公園が見える。電停の五稜郭公園前周辺は新興の繁華街で、やはりビルが建ち並んでいる。
 函館の街並みは横津岳の方に向かって拡大している。
 横津岳の右肩越しには、駒ケ岳が見えている。
 函館山の標高は334メートルでしかないが、海からそそりたっているので、数字以上の高さに感じられる。
 函館山は牛が寝そべったような形をしているところから臥牛山とも呼ばれているが、ロープウェーの山頂駅のある御殿山をはじめ、薬師山、つつじ山など全部で13の山々の総称。その最高峰が標高334メートルの御殿山になる。
 函館山を下ると函館山をバックにしてそびえたつ高田屋嘉兵衛の銅像を見、函館山の山裾にある谷地頭温泉の市営湯(入浴料420円)に入り、函館山が海に落ちる立待岬へ。
 海沿いの小道を行く。
 右手には市街地を見下ろすように、函館山がそびえている。
 一方通行の小道の両側は墓地になっている。その一角に、石川啄木一族の墓がある。そこには啄木夫妻と両親、3人の子供たちが葬られている。
「東海の 小島の磯の白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる」
 と、立待岬で歌ったとされる啄木の代表作が墓碑の前面に刻まれている。
 また、後面には、
「おれは死ぬ時は函館に行って死ぬ…」
 と、函館在住の歌人、宮崎郁雨にあてた書簡の一部が刻まれている。
 啄木は明治40年5月から9月まで函館に住んだということだが、わずか27年という短い生涯の中でも、その期間が一番幸せな時期であったらしい。
 函館山が断崖となって海に落ちる立待岬に立つと、津軽海峡をはさんで正面には下北半島が、右手には津軽半島が見える。目を函館の市街地の方に移すと、弓なりに湾曲した海岸線が汐首岬へと延びている。
 岬の名前はアイヌ語の「ピウシ」(岩の上で魚を待ち、ヤスで捕る場所の意味)に由来するという。
 岬付近には寛政年間(1789年〜1801年)に台場が築かれ、明治になると要塞地帯になり、第2次大戦の終了後まで一般人の立ち入りは禁止されていた。立待岬はそんな歴史を持つ日本の北方警備の要衝の地であった。

IMG_5612IMG_1565

函館山山頂からの眺め
高田屋嘉兵衛の銅像


IMG_1566IMG_1567

谷地頭温泉の市営湯
石川啄木一族の墓


IMG_1569IMG_1571

津軽海峡の立待岬
立待岬の断崖


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。