カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 east[43]

投稿日:2013年9月1日

三途の川を渡って

青森←岩手←宮城←福島←茨城←千葉←東京←神奈川←静岡←神奈川←東京
2008年11月27日

 川内で陸奥湾岸の国道338号に出ると、むつ市の大湊、田名部とは反対方向の脇野沢まで行く。さらに道の行き止まり地点の九艘泊に向かってアドレスを走らせると、波静かな陸奥湾に浮かぶ鯛島が見えてくる。見れば見るほど鯛にそっくりな形をしている。この島には坂上田村麻呂と村の娘の悲恋伝説が伝わっている。
 蝦夷征伐でこの地にやってきた坂上田村麻呂は、村の娘と恋仲になり子を孕ませた。しかし田村麻呂は役目を果たすと都へ戻ってしまい、悲嘆に暮れた娘は子供を生んだ後、自ら命を絶っった。哀れんだ村人たちは少しでも田村麻呂に近づけるようにと、この鯛の形をした島に娘を葬った。
 ところが鯛島の周囲では遭難がつづくようになり、娘の祟りだと恐れられるようになった。後の南北朝時代、都落ちした藤原藤房がその話を聞き、鎮魂のために鯛島に弁天の社を建てたという。
 九艘泊漁港の岸壁にアドレスを止めると、歩いて北海岬へ。遊歩道を歩き、切り立った断崖が海に落ちる岬の風景を眺めた。ここが下北半島の南西端になる。
 来た道を引き返し、川内からむつ市内まで行くと、県道4号で恐山へ。
 県道4号沿いの名水、「恐山冷水」を飲み、恐山の外輪山の峠を越える。神秘的な宇曽利山湖を見、三途の川を渡って恐山に到着。
 862年に慈覚大師によって開山したといわれる恐山は、「日本三大霊場」のひとつとして知られている。「日本三大地獄」のひとつにもなっている。
 広い駐車場にアドレスを止め、入口で入山料の500円を払い、菩提寺を参拝し、地獄を歩いた。地獄の風景の中には無数の風車が回っている。そのあと境内にある混浴の温泉「花染の湯」に入った。入山料を払えば、だれでもがこの硫黄泉の名湯に無料で入れる。ヒバの湯屋、ヒバの洗い場、ヒバの湯船と下北半島らしい温泉だ。
 名残り惜しい恐山を後にし、むつ市内に戻ると、国道279号で野辺地へ。
 野辺地からは国道4号で青森に向かっていく。すると冷たい雨が降り出した。
 国道4号沿いの台湾料理店で「台湾ラーメン&チャーハン」(780円)食べ、22時15分、青森駅前に到着。駅前の「東横イン」に泊まった。

第8日目:斗南温泉→青森
2008年11月27日
走行距離:355キロ(合計2310キロ)
費用:
ガソリン 635円
下風呂温泉 300円
大間温泉 370円
昼食 1,500円
ガソリン 665円
恐山 500円
夕食 780円
宿泊 5,250円
合計 10,000円
総計 77,947円


IMG_1543IMG_1544

陸奥湾の海岸に出る
陸奥湾岸を九艘泊へ


img_402img_404

九艘泊漁港
北海岬


IMG_5500IMG_5508

恐山の名水「恐山冷水」
恐山の菩提寺


IMG_5517IMG_5528

恐山の地獄を歩く
恐山の宇曽利山湖


IMG_5539IMG_5542

恐山の「花染の湯」
恐山の三途の川


IMG_5578IMG_1549

夕食の「台湾ラーメン&チャーハン」
雨の青森駅前に到着


Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊

  • 新刊紹介


    モトチャンプ
    2022年9月号
    8月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャーニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。