カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 east[41]

投稿日:2013年8月30日

こゝ本州最北端の地

青森←岩手←宮城←福島←茨城←千葉←東京←神奈川←静岡←神奈川←東京
2008年11月27日

 本州最北東端の尻屋崎から県道6号でむつ市の中心の田名部に戻ると、国道279号で本州最北端の大間崎へとアドレスを走らせる。本州の最北端というだけで、アドレスで切る風はよけいに冷たさを増したようだ。
 津軽海峡に出ると大畑へ。イカ漁の盛んな大畑漁港を見てまわる。
 大畑からさらに国道279号を行き、海辺の峠、木野部峠を越え、下風呂温泉へ。そこには2つの共同浴場、「大湯」と「新湯」があるが、そのうちの「大湯」(入浴料300円)に入った。ローカル色豊かな温泉で、湯につかりながら地元の人たちの話を聞いた。「湯の中談義」は最高だ。とはいうものの、下北弁は半分くらいはわからなかったが。
 さっぱりした気分で大間崎へ。バイクで切る風の中にヒバの香りが漂う。風雪に強いヒバは下北の特産。この地方では建築材にふんだんに使われている。
 本州最北端、北緯41度31分30秒の大間崎に到着。これで本州最南端の潮岬(和歌山)、本州最西端の毘沙ノ鼻(山口)、本州最東端のトドヶ崎(岩手)につづいて、本州最北端の大間崎(青森)に立った。こうして本州の4端、最東西南北端に立つと、本州を制覇したような気分になる。
「こゝ本州最北端の地」
 と彫り刻まれた本州最北端碑の立つ岬の先端から津軽海峡を眺めた。
 目の前のクキド瀬戸を隔てて600メートルほど沖に浮かぶ弁天島には、白黒2色の大間埼灯台が見える。その向こうの水平線上には、くっきりと北海道の山影が浮かんでいる。三角形の特徴のある山の姿は函館山だ。
 大間崎まで来ると、北海道が近い。対岸の汐首岬までは、わずか18キロでしかない。
 大間の町には函館の病院や商店の看板が目立って多いし、大間港からは函館港行きのフェリーが出ている。所要時間は2時間ほどでしかない。大間の人たちにとっては青森に行くよりも、函館に行く方がはるかに近い。
 明治以前に本州から北海道に渡るのは津軽半島の三厩港か、下北半島の大間港だった。
 本州最北端の岬、大間崎は昔からの北海道への玄関口になっていた。

IMG_1515IMG_1518

田名部から国道279号で大間崎へ
国道279号の木野部峠からの眺め


IMG_5451IMG_1521

下風呂温泉の共同浴場「大湯」
本州最北端の大間崎に到着


IMG_1528IMG_1525

大間崎の本州最北端碑
大間崎の大間マグロの像


IMG_1526IMG_1530

大間崎の本州最北の店
弁天島の大間埼灯台


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。