カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 east[2]

投稿日:2013年7月18日

プロモーションビデオに出演

神奈川←静岡←神奈川←東京
2008年11月21日

 11月21日6時、浜松の夜明け。「グランドホテル浜松」の部屋の窓から夜明けの町並みを眺める。7時、朝食。レストランのある2階には、スズキのジェンマが展示されている。フロアーにはホンダやヤマハのコーナーもある。さすが浜松だ。
 9時、「グランドホテル浜松」に中部印刷の杉浦さんが来てくれた。じつは「東日本編」の相棒、「アドレス2号」のアドレスV125Gリミテッドの発売に合わせ、スズキはプロモーションビデオを作ることになった。何とそれにカソリさんが登場するのだ。そのプロモーションビデオを中部印刷が制作するという。
 冬用バージョンのアドレスV125Gリミテッドなので、厳しい状況の中で撮ろうということになり、日本最北の宗谷岬で撮影することになった。
 午前中は中部印刷のスタジオでの撮影。ここでアドレスV125Gリミテッドとの初対面。カラーは「アドレス1号」と同じグレー。用意してくれたシティー派風の衣装に着替え、汗が噴き出るほどのライトを浴びての撮影がつづく。昼前にはスタジオでのすべての撮影が終わった。
 中部印刷のみなさんに連れられて、昼食は浜松の餃子専門店「福みつ」へ。浜松は日本一の餃子の町。「福みつ」のメニューには定食の大と中、小しかない。定食というのは「餃子定食」のことだ。
「餃子定食」の大(1400円)を頼むと、皿には20個もの餃子がのっている。それにご飯と味噌汁、漬物がついている。
 最初は20個もの餃子を食べられるかなあ…と思ったが、パリンパリンに焼き上げられた餃子はどちらかというと淡泊な味わいで、いくらでも食べられた。腹にズッシリとたまるという感じではなく、軽いタッチであっというまに20個の餃子をたいらげた。食べたあとのヘルシー感がすごくいい。
 このあたりが人気の秘密なのだろうか、満員の客を見渡すと、けっこう年配の人が多かった。食事の最中にも、持ち帰りの客が次々にやってきて、20個、30個と買っていく。「日本一の餃子の町・浜松」の底力を見せつけられるような「福みつ」での昼食だ。
 浜松の餃子に大満足したところで、アドレスV125Gリミテッドをスタジオの外に出し、午後は浜松駅前を出発点にして、浜松の町をひとまわりした。
 グリップヒーターやシートヒーターの効き具合を試してみたが、じつにいい。ハンドルにはナックルカバーもついているので、グリップヒーターの効きが倍増される。これならば氷点下10度以下でも走れると確信した。
「アドレス2号」のアドレスV125Gリミテッドで浜松の町をひとまわりしたところでスズキの本社へ。大会議室ではスズキの若手営業マンの研修がおこなわれていた。それに飛び入りで参加させてもらった。
「これからアドレスで厳冬の北海道を走るカソリさんです」
 と紹介されると、みなさんからは驚きの声が上がり、そのあとは盛大な拍手をしてもらった。
 熱気がみなぎる若手営業マンの研修会議が終わったのは日が暮れた頃。参加者のみなさん一人一人と握手をかわし、みなさん全員に見送られてスズキの本社を出発した。
 まずは浜松駅前へ。駅前通りは早くもクリスマスのイルミネーションに彩られていた。
 18時、浜松駅前を出発。
 浜松からは夜の国道1号をひた走る。身を切られるような寒さだが、アドレスV125Gリミテッドのグリップヒーターとシートヒーター、それと風防、ナックルカバーの4点セットのおかげで、けっこう楽に走れる。グリップヒーターの効果はすごく大きい。薄手のグローブでも大丈夫。シートヒーターはジワッと暖かくなるような感じで気持ちいい。温泉浴を連想させるような温かさだ。
 21時30分、静岡着。静岡駅南口の「海ぼうず」で「静岡おでん」の14本セット(1120円)を食べた。具にはたっぷりと汁がしみ込んでいる。トロッとした食感の半熟タマゴは、とびきりのうまさだった。
 静岡から国道1号で沼津へ。
 沼津からは国道246号で伊勢原へ。
 我が家に到着したのは24時45分。つかの間の眠りをむさぼった。

第2日目:浜松→伊勢原
2008年11月21日
走行距離:230キロ(合計510キロ)
費用:
昼食 1,400円
ガソリン 317円
夕食 1,120円
ガソリン 610円
合計 3,361円
総計 5,169円


IMG_1333IMG_1334

夜明けの浜松
「グランドホテル浜松」の朝食


IMG_1336IMG_1338

浜松の餃子専門店「福みつ」
「福みつ」の餃子


IMG_1340IMG_1341

浜松駅前を出発点に「アドレス2号」で浜松市内を走る
夜の浜松駅前通り


IMG_1345

これが「静岡おでん」


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。