カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[188]

投稿日:2013年6月17日

100万石の城下町

石川←福井←滋賀←福井←京都←兵庫
←鳥取←島根←山口←福岡←大分←宮崎←鹿児島←沖縄←鹿児島←熊本←長崎
←佐賀←福岡←山口←広島←岡山←兵庫←大阪←和歌山←徳島←香川←愛媛
←高知←徳島←和歌山←奈良←和歌山←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 11月8日。夜が明けると金沢駅前の「東横イン」を出発。国道8号沿いの温泉施設「テルメ金沢」(入浴料1050円)へ。大浴場と露天風呂の湯につかる。早朝からけっこう多くの人たちが入っている。湯から上がると食堂でバイキングの朝食(1050円)。イカ刺、マグロ、サケ、干物、ソーセージ、ベーコン、サラダ、温泉卵とここぞとばかりに食べた。
 朝湯に入り、朝食を食べ終えたところで、スズキの125ccスクーター、アドレスV125Gを走らせての「金沢探訪」の開始だ。
 金沢の中心街を走りまわっていると、まさに「北国(ほっこく)」のオンパレード。北国銀行、北国住宅、北国広告‥‥など、あちこちで「北国」を見る。金沢市民の大半が読む新聞も「北国新聞」だ。
 電話ボックスの電話帳を見ると、「ほっこく」の項には、ズラズラと「北国」のついた社名がのっている。ところがが「きたぐに」では1社もなかった。金沢では「北国」はすべて「ほっこく」と読む。それを知ると、近江や信州の北国(ほっこく)街道が金沢に通じている街道であることがはっきりとわかってくる。
 金沢の中心街をひとまわりしたところで金沢城と兼六園を歩いた。。
 金沢は日本一の大藩、加賀100万石の城下町。江戸時代にはおおいなる繁栄を誇り、江戸、大坂、京都、名古屋に次ぐ大都市だった。
 金沢の町としての歴史は、文明3年(1471年)にさかのぼる。この地に御山御坊と呼ばれる一向宗の道場ができたのが町の始まりだ。次いで天正8年(1580年)の一向一揆討伐でこの地に入った信長の家臣の佐久間盛政が尾山城を築き、城下町の建設にとりかかり、城の西側に8つの町をつくった。それが「尾山八町」といって、金沢の最も古い町になっている。
 佐久間盛政は賎ヶ岳の戦いで柴田勝家側につき死んだ。
 そのあと豊臣秀吉側の前田利家が入城し、その名を尾山城から金沢城へと改めた。それ以降、明治になるまで金沢は前田家14代の治世となる。金沢という町は、前田家とは切っても切れない関係にある。
 前田利家は城づくりの名人として知られていた高山右近に命じ、本格的な築城をおこなった。ついで2代目の利長が大改修をおこない、3代目の利常の頃にはほぼ今日の金沢中心街の市街地が形成された。
 金沢城は犀川、浅野川の2本の川にはさまれた台地、小立野台の先端にある。この2本の川が天然の堀の役目を果たす要害の地である。
 金沢の町にはT字路やクランク型の鉤型路、袋小路が多くある。道幅も狭く、少しづつ曲がっている。迷路に迷い込んだようで、なんとも走りにくい。また、犀川と浅野川を越えた城下町の外郭部には寺院を集め、寺町をつくった。この寺町には城下町防衛の前線的な機能を持たせていた。このように金沢という町は敵の進入を想定してつくられた戦略本位の城下町なのである。
 北陸を貫く北国街道は犀川を渡って城下に入り、片町、香林坊、武蔵辻と通り、橋場町で浅野川を渡って城下を出ていく。この北国街道に沿って商人町をつくり、裏町には職人町をつくった。明治以降、金沢には大火もなく、戦災にもあっていないので、藩政時代の典型的な城下町の姿が現在までよく残されている。町全体が博物館といってもいいような金沢。アドレスで金沢の町をひとまわりすると、それがよくわかる。

IMG_5782IMG_5783

「テルメ金沢」
「テルメ金沢」の朝食


IMG_9005IMG_8994

金沢城の石川門
金沢城の石垣


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。