カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[182]

投稿日:2013年6月9日

武将三成発掘の地

滋賀←福井←京都←兵庫
←鳥取←島根←山口←福岡←大分←宮崎←鹿児島←沖縄←鹿児島←熊本←長崎
←佐賀←福岡←山口←広島←岡山←兵庫←大阪←和歌山←徳島←香川←愛媛
←高知←徳島←和歌山←奈良←和歌山←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 湖北地方に入ると、まずは賤ヶ岳の古戦場に行った。
 ここは信長の家臣だった豊臣秀吉と柴田勝家の両軍が死闘を繰り広げたところ。秀吉軍の勝利の立役者になった「秀吉の七本槍」の旗がはためいている。
「秀吉の七本槍」というのは、加藤清正、加藤嘉明、福島正則、脇坂安治、片桐旦元、平野長泰、糟屋武則の、若き「秀吉軍」の7人。もし関ヶ原で西軍が勝ち、豊臣の時代がつづいていたら、この7人の武将たちは、その後も大きな力を持ったことだろう。
 たとえば加藤清正は熊本に入ったが、今でも熊本人の圧倒的な人気を得ているのは、江戸期の大半、熊本を支配した細川氏ではなく加藤清正、熊本城の入口に建っている銅像も清正のものだ。
 賤ヶ岳から下ると、JR北陸本線の木ノ本駅に立ち寄り、旧駅舎を見る。木之本から長浜へ。木之本は駅名と町名が違う。カタカナの「ノ」と漢字の「之」の違いだが、このような例は日本中にけっこうある。
 長浜に着くと、ここでもJR長浜駅でアドレスを止めた。
 長浜駅前には豊臣秀吉と石田三成の「出逢いの像」が建っている。
 その案内板には次のように書かれている。

 長浜城主の羽柴秀吉公は、鷹狩の途中に観音寺(米原市朝日町)に立ち寄りました。汗をかいた様子の秀吉公を見た寺小姓の佐吉少年は、大きな茶碗にぬるいお茶をなみなみとついで持ってきました。そこで秀吉公はさらに一杯を所望したところ、今度は小さな茶碗に熱いお茶を入れて出しました。秀吉公は茶の入れ方ひとつにも気を配る佐吉少年を気に入り、召し抱えました。この佐吉少年が後の石田三成公で、この話は「三献の茶」として今も語り継がれています。三成公はここから5キロ東の長浜市石田町の土豪の子として生まれ、今も出生地あたりには官名にちなんだ治部という小字が残っています。また観音寺には、茶の水を汲んだと伝わる井戸が残っています。

 長浜駅からは秀吉が築いた長浜城に行き、天守閣から長浜を一望。長浜の町並みの向こうには雲のかかった伊吹山地の山並みが見渡せた。
 長浜駅に戻ると、線路を渡って長浜駅の旧駅舎に行く。ここは現存する駅舎の中では日本で一番古いもので、明治15年(1882年)に北陸線の始発駅として建てられた。当時は大津から汽船で長浜に渡った。ここにはまた鉄道資料館があり、蒸気機関車のD51などが展示されている。
 最後に長浜の旧北国街道沿いの古い町並みを歩き、古い建物を使った食事処で琵琶湖名物のふなずしを食べた。
 琵琶湖産のニゴロブナやゲンゴロウブナを使ったふなずしは、現存するすしの中では日本最古のものといわれている。塩漬けにしたフナを何ヵ月もかけて飯に漬け込み、飯(い)ずしにしたもの。特有の臭みがあるので食べられない人もいるが、ぼくの好物。今回はバイクに乗ってやってきたので飲まなかったが、このふなずしは日本酒の肴にはぴったりだ。
 すしは稲の原産地インドシナの山岳地帯で生まれたといわれている。
 本来は川魚や獣肉を長い期間、飯に漬け込んで発酵させる保存食で、一言でいえば川魚や獣肉の漬物。ふなずしはまさにその原点といえる。
 今ではすしといえば、江戸前の握りずしが代表選手になっているが、その歴史はたかだか300年ほどでしかない。長いすしの歴史からいえば新参者だ。握りずしは気の短い江戸っ子がつくりだした本来のすしとは似ても似つかないインスタント食品で、握った酢飯の上に新鮮なネタをのせただけのもの。江戸ではそれを屋台で食べていた。
 漢字だと、旧来のなれずしが「鮓」、握りずしが「鮨」と使い分けられている。

IMG_5001IMG_5041

JR長浜駅前の「出逢いの像」
長浜城


IMG_5044IMG_5045

長浜城の天守閣からの眺め
旧長浜駅の駅舎


IMG_5048IMG_5050

鉄道資料館に展示されているD51
長浜の旧北国街道を歩く


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。