カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[180]

投稿日:2013年6月7日

ふたたび世界への玄関口に

福井←京都←兵庫
←鳥取←島根←山口←福岡←大分←宮崎←鹿児島←沖縄←鹿児島←熊本←長崎
←佐賀←福岡←山口←広島←岡山←兵庫←大阪←和歌山←徳島←香川←愛媛
←高知←徳島←和歌山←奈良←和歌山←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 小浜を出発。国道27号で敦賀へ。旧道で関峠を越え、若狭から越前に入った。
 敦賀に到着すると、越前の一宮、気比神宮に参拝。そのあと敦賀港に行った。
 敦賀は奈良時代、すでに官の荷物を輸送する港になっていたが、江戸時代には日本海航路の北前船の出入りする日本海でも一、二の重要な港になっていた。
 第2次世界大戦前までは、敦賀とロシア沿海州のウラジオストックとの間に連絡船が就航していた。当時、東京からヨーロッパまで行く最短最速のルートは列車で敦賀まで行き、ウラジオストックに連絡船で渡り、列車でシベリアを横断し、モスクワからさらに列車でパリやロンドンに行くというものだった。
 敦賀港の岸壁にアドレスを止め、立ちつくしていると、ウラジオストックにバイクともどもフェリーで渡れる日の来ることを願った。今でこそ日本海側は太平洋側に比べると、遅れをとってしまったかのように見えるが、かつては日本海側は太平洋側よりもはるかに進んだ先進地帯で、日本の海外への玄関口にもなっていた。
 日本海をはさんだ対岸の国々との交流が活発になり、ふたたび敦賀がその玄関口になることを願わずにはいられない気持ちだった。
 敦賀港を後にし、日本三大松原のひとつに数えられる気比の松原に立ち寄り、敦賀半島北端の立石岬に向かった。若狭湾東部に突き出た敦賀半島のおかげで北西の季節風が遮られ、敦賀は昔も今も天然の良港になっている。
 敦賀原発の前を通り、敦賀半島の行止まり地点の立石まで行く。立石漁港の岸壁の片隅にアドレスを停め、立石岬の灯台まで歩いていく。高さ100メートルほどの山上にあるので、かなりきつい登り。山道を登りつめ、最後は石段を駆け上がって灯台に着く。古びた石造りの白い灯台で、「1881年7月20日初点灯」と書かれている。この灯台は日本人の手によって作られた最初の洋式灯台になる。
 立石岬から敦賀に戻ると、国道27号沿いの「日本海さかな街」で夕食。ここではスズキの250ccバイク、DJEBEL250XCに乗った時広さんに出会った。時広さんは全国の一宮巡りをしているとのことで、御朱印帳を見せてくれた。そんな時広さんと一緒に「福録寿司」で「海鮮ちらし」(1580円)を食べた。タイ、ハマチ、マグロ、サーモン、タコ、イカ、アジ、ヒラメ、サバ、イクラ、ウナギと11種もの具がのっている。敦賀ならではの味覚だ。
「日本海さかな街」で時広さんと別れ、敦賀市内の「ニューサンピア敦賀」に泊まった。

第37日目:伊根温泉→敦賀
2008年11月6日
走行距離:201キロ(合計8,366キロ)
費用:
傘松公園のリフト(往復) 640円
昼食 1,500円
ガソリン 366円
夕食 1,580円
宿泊(朝食つき) 6,940円
合計 11,026円
総計 448,747円


IMG_5752IMG_5754

気比神宮の鳥居
気比神宮を参拝


IMG_5728IMG_5729

敦賀半島北端の立石
立石岬への道


IMG_5733IMG_5734

立石岬の灯台
石造りの灯台


IMG_5737IMG_5738

立石岬の突端に立つ
敦賀の「海鮮丼」


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。