カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[171]

投稿日:2013年5月29日

香住といえば「松葉ガニ」

兵庫
←鳥取←島根←山口←福岡←大分←宮崎←鹿児島←沖縄←鹿児島←熊本←長崎
←佐賀←福岡←山口←広島←岡山←兵庫←大阪←和歌山←徳島←香川←愛媛
←高知←徳島←和歌山←奈良←和歌山←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 国道178号で兵庫県に入ると居組を通って浜坂へ。浜坂漁港でアドレスを止めた。まわりの山々は紅葉している。浜坂からは桃観峠を越える。峠はトンネルで貫かれているが、峠の周辺はきれいな紅葉で彩られていた。
 桃観峠を下ると余部。JR山陰本線の余部橋梁の下をくぐり抜け香住へ。香住といえば「松葉ガニ」。松葉ガニの漁期に入った香住漁港には活気があった。
 香住から柴山、佐津にかけての山陰海岸の一帯には点々と温泉がある。そのうちの柴山温泉に泊まったことがある。早春のことだった。
 温泉宿の夕食には「カニすき」が出た。カニすきとはカニ鍋のことだ。大皿に野菜類やシラタキなどと一緒に松葉ガニがまるごと1匹、ドーンとのっている。
 まずは、カニ味噌を肴にビールをキューッと飲み干す。そのあと、たっぷり肉のついた脚をさっとゆで、三杯酢につけて食べる。つぎに生で食べる。さらに焼いてもらう。ゆでてよし、生でもよし、焼いてもよしの松葉ガニだった。最後は、鍋の中にご飯を入れてカニ雑炊にする。カニの味がたっぷりとしみ出た汁なので、これがまたきわめつけのうまさだった。
 香住まで来ると、そんな松葉ガニの思いでが鮮やかによみがえってくる。
 松葉ガニは山陰海岸の冬の味覚の王者といったところだが、それはズワイガニのことで、越前海岸になると越前ガニ、金沢あたりだとズワイガニといっている。
 山陰の但馬海岸では香住漁港、柴山漁港、円山川河口の津居山漁港が松葉ガニの水揚げの多い漁港として知られている。
 今回は香住の温泉郷に泊まることもなく、松葉ガニを食べることもなく通り過ぎていったことが、それが何とも残念なことだった。

IMG_5627IMG_5628

浜坂漁港
浜坂の紅葉


IMG_5629IMG_5630

桃観峠周辺の紅葉
JR山陰本線の余部橋梁


IMG_5631IMG_5632

香住の松葉ガニ
香住漁港


IMG_5633IMG_5634

松葉ガニ漁の漁船
柴山漁港


IMG_5635IMG_5636

柴山の家並み
柴山海岸


IMG_5637IMG_5638

佐津海岸
岩場では磯釣りをしている


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。