カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[167]

投稿日:2013年5月21日

江戸期そのままの天守閣

島根←山口←福岡←大分←宮崎←鹿児島←沖縄←鹿児島←熊本←長崎
←佐賀←福岡←山口←広島←岡山←兵庫←大阪←和歌山←徳島←香川←愛媛
←高知←徳島←和歌山←奈良←和歌山←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 島根半島山中の一畑薬師を出発。国道431号に戻ると、宍道湖を右手に見ながら松江の町に入っていく。そしてJRの松江駅前でアドレスを止めた。
 さー、「松江探訪」の開始だ。
 目抜き通りの天神商店街を走り抜け、宍道湖から中海へと流れていく大橋川にかかる松江大橋を渡る。松江大橋は風情のある橋で、欄干には擬宝珠がつけられ、橋の途中の展望台には灯籠がある。
 橋の左手を見れば、もう一本下流の橋、宍道湖大橋越しに、今見てきた宍道湖の湖面が広がっている。この松江大橋周辺の大橋川では、何隻もの小舟が出て、ヤマトシジミの漁をしている。まさに松江の風物詩といったところだ。
 大橋川の対岸に渡り、松江市役所の前を通り、一畑電鉄のターミナル駅、松江温泉駅に行く。一畑電鉄は松江温泉駅から出雲大社駅と出雲市駅まで通じている。一畑薬師に近い駅は一畑口駅だ。
 松江温泉駅でもアドレスを止め、待合室でカンコーヒーを飲みながら、しばしボーッとした時間を過ごす。ぼくは駅の待合室が大好きで、地元の人たちの何気ない会話を聞いているのも大好きなのだ。
 松江温泉駅の先、宍道湖畔には、松江温泉の温泉街がつづいている。高層の温泉旅館・ホテルが建ち並んでいる。昭和46年のボーリングが成功し、源泉を掘り当てた、比較的新しい温泉だ。温泉街の一番奥には「お湯かけ地蔵」がまつられ、熱い湯が湧きだしている。
 松江温泉ではひと風呂浴びていこうと、立ち寄り湯には絶好の「しまね社会保険センター」(入浴料400円)に行く。ここの展望大浴場はじつに気分よく入れる湯で、湯につかりながら、眼下の宍道湖を見下ろした。宍道湖にも何隻もの小舟が浮かび、ヤマトシジミの漁をしている。
 松江温泉から松江城へ。島根県庁の隣りが松江城。城は堀に囲まれている。別名千鳥城ともいわれる松江城には、江戸期そのままの天守閣が残されている。全国に現存する「十二天守」のひとつで、山陰では唯一のものとなっている。
 城下町の松江だが、松江藩は慶長5年(1600年)、遠江・浜松12万石の城主堀尾吉晴が、毛利氏の減封により、出雲、隠岐の2ヵ国24万石に封ぜられて誕生した。
 松江城は慶長16年(1611年)、堀尾吉晴が5年の歳月を費やして完成させたもの。堀尾氏3代、京極氏1代のあと、徳川家康の孫にあたる松平直政が城主となり、明治維新までの234年間、松平氏10代の治世がつづいた。
 そのうちの第7代城主が名君の誉れ高い松平治郷で、号は不昧。治郷というよりも「不昧公」でよく知られている。
 さっそく、松江城の五層六階の天守閣(入場料550円)に登った。太い柱をふんだんに用いた建物。各階には松江藩の歴史にかかわるさまざまなものが展示されている。
 天守閣の望楼「天狗の間」に立つと、松江をとりまく360度の展望が楽しめる。松江の市街地を一望し、宍道湖を眺め、反対側にまわると、島根半島のなだらかな山並みを眺む。松江城の天守閣は、松江第一の展望台といっていい。
 松江城の見学を終えたところで、城内の茶店に入り、出雲名物の割子そば(600円)を食べた。出雲は、西日本では数少ないそばの名産地。三瓶山(1126m)周辺でとれるそばの味には定評がある。出雲そばの特徴は、甘皮も一緒に挽くので、色が黒っぽいことだ。そんな出雲そばの食べ方の代表格が、割子そばである。
 割子というのは、朱塗りの丸い器のことで、それにそばを盛る。3枚、もしくは5枚を一人前にし、客の求めに応じて追加していく。割子に入れたそばのことを松江では「洗い」といっている。ゆであがったそばを冷水に落とし、よく洗ってから割子に盛るのでその名があるという。
 松江城のすぐ北側には「塩見縄手」と呼ばれている通りがあるが、その一帯には城下町の面影が濃く残り、武家屋敷などもある。
 小泉八雲の記念館もここにある。小泉八雲はギリシャ生まれのイギリス人。本名はラフカディオ・ハーン。明治23年に来日し、松江の人、小泉節子と結婚し、松江をこよなく愛した。
 松江は旅心を誘われる町だ。

IMG_5585IMG_5586

島根半島の紅葉
青空を背にした紅葉は色鮮やか!


IMG_5587IMG_5589

宍道湖畔を行く
松江城に到着


IMG_5590IMG_5591

松江城の天守閣を見上げる
堀川めぐりの舟


IMG_5592

松江城の堀


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。