カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[162]

投稿日:2013年5月16日

絶世の美女、楊貴妃の墓

山口←福岡←大分←宮崎←鹿児島←沖縄←鹿児島←熊本←長崎
←佐賀←福岡←山口←広島←岡山←兵庫←大阪←和歌山←徳島←香川←愛媛
←高知←徳島←和歌山←奈良←和歌山←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 国道191号から油谷湾に突き出た油谷半島に入り、油谷湾岸の久津でアドレスを止めた。ここの二尊院にある五輪塔は何と、かの絶世の美女、楊貴妃の墓だと地元ではいい伝えられている。
 思わず「シルクロード横断」(2006年)で立ち寄った長安の都、現在の西安でのシーンを思い出すのだった。
 西安郊外の「華清池」は、唐の第6代皇帝、玄宗が楊貴妃を連れてしばしばやってきた温泉。玄宗のつかった湯船、楊貴妃のつかった湯船などが残されている。今でも43度という源泉が流れ出ているが、ここは3000年もの歴史を誇る温泉地なのだ。周の王室がここに別荘を持ったときから華清池の温泉の歴史が始まるという。さすが「歴史の国・中国」だけあって、日本とは桁違いの歴史の長さだ。日本最古の温泉といわれてる奈良県の湯の峰温泉でも、おそらくその歴史は千何百年といったところだろう。
 さて二尊院だが、そこには「楊貴妃の墓」として、次のように書かれている。

 唐の玄宗帝の寵愛を一身に受けた楊貴妃は、安緑山の乱(755年〜763年)に遭遇して蜀に逃げる途中、長安の郊外、馬嵬の仏堂で絞殺されたと史書には書かれている。しかし巷では楊貴妃は死んでいなかったという噂もあったようで、有名な「長恨歌」には日本への東航を想像させる箇所がある。
 ここ久津の地では、昔から楊貴妃にまつわる伝説が語り継がれてきた。二尊院に残されている江戸時代の文書には、次のような言い伝えが記されている。
「唐の天宝拾五年七月(七五六年)空艪船に乗った楊貴妃は、唐渡口という所に漂着。まもなく死去し給うたので里人相寄り当寺院に埋葬した。玄宗皇帝の思い切なるため楊貴妃の霊が彼地に往来したのか、幾夜か夢枕に立たれ、皇帝は楊貴妃の死を知った。愛情やるかたなく追善のため、弥陀、釈迦の二尊像と拾三重の大宝塔を持たせ、家来の陳安を日本に遣わした。陳安は探したが、楊貴妃がいずれの地に漂着したか分からず、やむなく京都の清凉寺に二尊仏を預けて帰国した。後に漂着地が久津と分かったが、清凉寺では本朝無二の霊仏として評判が高かったため、手放すのが惜しくなった。そこで全く同じ仏像を仏工の名手に作らせ、新旧の仏像一体ずつを清凉寺と当寺院で安置することになった。その後、楊貴妃の墓、侍女の碑を建てることが出来た。」

 楊貴妃の墓だという高さが153センチもある大きな五輪塔に手を合わせ、二尊院を出発し、次に本州最西北端の川尻岬へ。ここは「風の岬」で知られているが、その名の通り、ゴーゴーとうなりを上げて強風が吹いていた。
 アドレスを駐車場に停めると、馬の背のような形で日本海に突き出た岬先端の小道を歩く。岬の岩礁では何人かの釣人を見る。ここは磯釣りのメッカだとのことで、タイやスズキ、チヌ、ヒラマサなどがよく釣れるという。
 川尻岬は絶景岬だ!

IMG_5542IMG_5544

久津の二尊院に到着
中央の五輪塔が楊貴妃の墓だといわれている


IMG_5546IMG_5547

この五輪塔は鎌倉後期の様式
二尊院に建つ楊貴妃像


IMG_4350IMG_4374

西安郊外の「華清池」の温泉
西安中心街のライトアップされた鐘楼


IMG_5541IMG_5538

本州最西北端の川尻岬に到着
川尻岬の展望台


IMG_5539IMG_5540

岬突端への道
岬突端の岩礁


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。