カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[138]

投稿日:2013年4月18日

飲みっぱなしの浜比嘉島

沖縄←鹿児島←熊本←長崎
←佐賀←福岡←山口←広島←岡山←兵庫←大阪←和歌山←徳島←香川←愛媛
←高知←徳島←和歌山←奈良←和歌山←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 勝連城址近くの「ピッコロ食堂」での昼食を食べ終えると、与勝半島から海中道路を走り、平安座島から浜比嘉大橋を渡って浜比嘉島に戻ってきた。
「ちへいせん・あしびなー」の第3日目。会場は比嘉小学校の体育館だ。南米やアフリカ、中国の大河をカヌーで旅してきた山田高司さんの話を小学生たちと一緒になって聞いた。小学生たちが目を輝かせて山田さんの話に聞き入っている姿は感動のシーンだ。
 そのあとは丸山純さんの「デジカメ教室」。5年生、6年生の12名がデジカメで撮った浜比嘉島の写真の中から、自分で選んだ写真を1枚づつ、紹介していく。小学生の感性の良さには驚かされてしまう。これには校長先生や先生方の評価も高かった。
 これを最後に3日間に及ぶ「地平線会議イン浜比嘉島」は終った。
 すぐさまアドレスを走らせ、海中道路の海の駅、あやはし館2階の「うるま市海の文化資料館」に直行。そこには今回の比嘉小学校の生徒12名が撮った写真の数々が展示されている。題して「わたしたちの宝もの 浜比嘉島のいま」。この写真展は丸山さんの尽力でキヤノンの協力を得て実現した。会場には250点近い子供たちの作品が展示されている。子供たちの作品のすばらしさもさることながら、「地平線会議」のメンバーのすごさをあらためて思い知らされた。
「うるま市海の文化資料館」を出ると、無性に温泉に入りたくなった。
「善は急げ!」
 とばかりにアドレスを飛ばしてコザまで行き、温泉銭湯「中乃湯」(入浴料350円)のツルツル湯に入った。湯につかりながら「フーーー」っと大きく息をついた。
 コザのガソリンスタンドで給油し、浜比嘉島の民宿「ゆがふの郷」に戻った。
 アドレスを置いて、「一軒家」へ。
 この一軒家というのは、今回の「地平線会議イン浜比嘉島」を開催するために借りた家。地平線会議代表の江本嘉伸さんの音頭で「乾杯!」。いやはや飲みっぱなしの浜比嘉島だが、最後の夜もすごいことになった。
 江本さんや第3日目の司会をしてくれた長野亮之介さん、最後まで残ってくれた地平線会議のメンバーたちと飲みつづけていると、「アキさん」がやって来た。彼女は何とサバニで沖縄本島から与論島→沖永良部島→徳之島経由で奄美大島まで行った。東京の人だが、沖縄が大好きで、今はコザに近い諸見里に住んでいるという。
 アキさんの登場で酒盛りはいよいよ盛り上がり、夜中までつづいた。フラフラになって民宿「ゆがふの郷」に戻ると、バタンキューの瞬間寝だ。

第27日目:浜比嘉島→浜比嘉島
2008年10月27日
走行距離:97キロ(合計5,906キロ)
費用:
津堅島へのフェリー代 2,400円
昼食 1,000円
中乃湯 350円
ガソリン 494円
宿泊 3,300円
合計 7,544円
総計 327,102円


IMG_0889_smallIMG_0946_small

浜比嘉大橋を渡って浜比嘉島へ
山田高司さんの話を聞く


IMG_0949_smallIMG_0950_small

丸山純さんの「デジカメ教室」
コザの「中乃湯」に入る


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。