カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[135]

投稿日:2013年4月15日

まるで宮古の人

沖縄←鹿児島←熊本←長崎
←佐賀←福岡←山口←広島←岡山←兵庫←大阪←和歌山←徳島←香川←愛媛
←高知←徳島←和歌山←奈良←和歌山←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 10月26日。浜比嘉島の民宿「ゆがふの郷」の朝食。玉子焼き、塩ジャケ、納豆、豆腐、パパイヤ入りのサラダを食べ、出発。スズキの125ccスクーター、アドレスV125Gを走らせ、沖縄市の中心のコザまで行く。
「コザ」は気になるカタカナ表記の地名だが、かつては越来村胡屋だった。それをアメリカ軍がコザと誤って呼び、胡差のあて字を使うようになり、いつしかカタカナでの「コザ」が定着していったという。地名はおもしろい。コザは米軍基地の拡大とともに大きくなっていった町だ。
 コザのガソリンスタンドで給油し、昼前には浜比嘉島の民宿「ゆがふの郷」に戻る。アドレスを置いて、シルミチュー公園まで歩いていく。ここが「ちへいせん・あしびなー」の2日目の会場。地元のみなさんとの交流会、「ガチマヤー交流会」が始まった。
「ガチマヤー」は「食いしん坊」を意味する。まさにその通りの交流会で、大鍋でつくるヒージャー(ヤギ)汁や豚の丸焼きが振舞われた。なんとも豪快な野外料理だ。
 沖縄を代表する料理のヒージャー汁は、外間夫妻の「美ら海(ちゅらうみ)ファーム」が提供してくれた。外間さんは地元の方だが、奥さんは内地の人。「日本一周」を成しとげたこともある女性ライダーで、今回の「地平線会議イン浜比嘉島」を実現させた一番の立役者なのだ。
 その外間夫妻らが三線を聞かせてくれた。胸にしみこむ音色。外間夫人はもうすっかり島の人間になりきっている。それがすごい。
「たいしたものだ!」
 と感心してしまう。
 シミルチュー公園の広い園地では、地元の比嘉小学校の生徒全員と幼稚園の園児全員が「パーランクー」を見せてくれた。浜比嘉島の伝統芸能はしっかりと子供たちに受け継がれている。
 夕暮れまでつづいた「ガチマヤー交流会」が終ると、今度は民宿「ゆがふの郷」での宴会だ。
 豚の丸焼きを肴にオリオンの生ビールを飲み干す。
 島のみなさんも来てくれる。
「乾杯、乾杯」の連続。そして島のみなさんが差し入れてくれた泡盛での一気飲みになった。「地平線会議」の顔としてカソリ、一気飲みで負ける訳にはいかない。島の若者「シンちゃん」との勝負になった。コップになみなみとつがれた泡盛を一気に飲み干す。辛くもシンちゃんを振り切って勝ったが、そのときのシンちゃんの一言は心に残った。
「まるで宮古の人のようだ!」
 宮古島の人たちはきっと酒に強いのだろう。宮古島にも行かなくては。
「ちへいせん・あしびなー」の2日目の夜も大盛上がり。結局、飲み会は夜明け近くまでつづいた。地平線会議の仲間たち、浜比嘉島のみなさんと飲み明かし、トコトン付き合った一夜だった。

第26日目:浜比嘉島→浜比嘉島
2008年10月26日
走行距離:78キロ(合計5,809キロ)
費用:
ガソリン 850円
氷ぜんざい 200円
生ビール(4) 1,600円
宿泊(朝食つき) 3,500円
合計 6,150円
総計 319,558円


IMG_0905_smallIMG_0919_small

民宿「ゆがふの郷」の朝食
浜比嘉島のサバニ


IMG_0911_smallIMG_0861_small

浜比嘉大橋入口のT字路
コザの町


IMG_0920_smallIMG_0914_small

「ガチマヤー交流会」の開始
外間さんがつくるヒージャー汁


IMG_0916_smallIMG_0917_small

豚の丸焼き
外間夫妻の三線を聞く


IMG_0918_smallIMG_0924_small

小学生、幼稚園児たちの「パーランクー」
夜を徹しての大宴会


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。