カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[133]

投稿日:2013年4月13日

地平線会議

沖縄←鹿児島←熊本←長崎
←佐賀←福岡←山口←広島←岡山←兵庫←大阪←和歌山←徳島←香川←愛媛
←高知←徳島←和歌山←奈良←和歌山←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 伊計島北端の「ホテル伊計」で折り返し、宮城島、平安座島と走り、浜比嘉島に戻ってきた。
 浜比嘉島には浜と比嘉の2つの集落があるが、そのうちの比嘉にある公民館へ。ここが「地平線会議イン浜比嘉島」の会場。3日間に渡るこのイベントに参加するために浜比嘉島にやってきた。
「地平線会議」は1979年につくられた「日本冒険探検会議」といったものだ。
 まずは公民館でボリューム満点の弁当(400円)を食べる。
 13時30分、「ちへいせん・あしびなー」の開始。「あしびなー」は「遊び場」といった意味。地平線会議代表の江本嘉伸さんの司会で、「地平線モノ語り」が始まった。
 ウルトラマラソンの原健次さん、世界一周ライダーの坪井伸吾さん、南極越冬隊の長島祥子さん、「自然学校」の広瀬敏通さん、日本最後の鷹匠の松原英俊さん、世界中のカーニバルを見てまわっている白根全さん、インドネシアのマッコウクジラ漁を研究している江上幹幸さんと小島廣太郎さんの話を聞いた。
 つづいては三輪主彦さんの司会で日本を代表する民俗学者、宮本常一先生をテーマにして、上江洲均さん、向後元彦さん、金井重さん、それとカソリのトークショー。ここまでが第1部といったところだ。
 浜比嘉島で沖縄の民俗学の第一人者、上江洲均さんに再会できたのは、何ともうれしいことだった。上江洲さんは「我が忘れられない人」なのだ。
 ぼくは宮本常一先生のつくられた「日本観光文化研究所」(1989年に閉鎖)の所員だったが、沖縄の民具調査の時に、沖縄の県立博物館で初めて上江洲さんにお会いした。上江洲さんは宮本先生の著作はほとんど読まれていて、宮本先生への思いの強さには驚かされた。そんな上江洲さんを通して沖縄を知り、沖縄を教えられ、沖縄人を知ったといってもいい。
 沖縄本島の後、上江洲さんの故郷の久米島に渡り、フクギの木に覆われた久米島の昔ながらの集落を歩いた。そこでは伝統的な「久米島紬」の工房を見せてもらった。
 奄美諸島の調査でも沖永良部島に上江洲さんは来てくれた。
 地元のみなさんとトコトン付き合う上江洲さんの民俗調査、民具調査の態度には心を打たれた。地元のみなさんの宴会の席に呼ばれたときは、大きな盃になみなみとつがれた奄美の焼酎を一気に飲み干した。
 上江洲さんも同行してくれた10日間あまりの台湾での調査のときも、一緒に飲んだ思い出が強烈に残っている。山地民の村々を歩いたときは、夜通しおこなわれた結婚式の宴会に呼ばれた。村人たちにつがれるままに、次々に地酒を飲み干した。その翌日、カソリは足腰も立たずフラフラ状態だった。ところが上江洲さんはサングラスをして赤くなった目を隠し、炎天下の村内を歩き、村人たちの生活誌を聞いてまわった。
 それは地平線会議の誕生する3年前、1976年の夏のことだった。

IMG_0889_smallIMG_0890_small

浜比嘉大橋を渡って浜比嘉島へ
浜比嘉島の比嘉漁港


IMG_0891_smallIMG_0892_small

比嘉の公民館で食べた弁当
「ちへいせん・あしびなー」が始まった!


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。