カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[127]

投稿日:2013年4月7日

那覇探訪

沖縄←鹿児島←熊本←長崎
←佐賀←福岡←山口←広島←岡山←兵庫←大阪←和歌山←徳島←香川←愛媛
←高知←徳島←和歌山←奈良←和歌山←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 10月24日。朝食の「おにぎり&味噌汁」を食べ、モノレールの美栄橋駅前の「東横イン」を出発。「那覇探訪」の開始だ。
 スズキの125ccスクーター、アドレスV125Gを走らせ、まずは泊港に行く。
 泊港からは久米島、渡嘉敷島、座間味島、粟国島行きのフェリーが出ているが、この時間だと、接岸している4隻のフェリーを見ることができる。今回はこれら4島に行く予定はないが、沖縄の離島へと夢が誘われる。
 次に「沖縄の十字路」の明治橋へ。今回の「沖縄一周」では何度、来たことか。
 明治橋からは国道331号経由で国道506号に入ろうとしたが、この国道506号は自動車専用道路で残念ながら125ccのアドレスでは走れなかった。
 明治橋に戻ると、国道330号で「那覇市→沖縄市」間の20キロあまりを往復する。
 このルートはすごい。何がすごいかというと、那覇市を出ると浦添市、宜野湾市、沖縄市と市街地が、途切れることなく連続するからだ。
 ちょうど国道1号で東京から多摩川を渡って川崎、横浜を通り抜けるまで、もしくは国道2号で大阪から淀川を渡って尼崎、神戸を通り抜けるまでの、やはり市街地が連続する風景に似ている。
 再度、明治橋に戻ると、那覇のメインストリートの国際通りを走り牧志へ。
 国際通りからわずかに入ったところにある牧志公設市場を歩く。那覇の台所のような市場だ。そこは日本というよりも、タイのバンコクやインドネシアのジャカルタなど、東南アジアの市場そっくりの世界。ずらりと並んだトロピカルフルーツの甘い香りに頭がクラクラッとする。
 市場内でさっそく亜熱帯の果物のドラゴンフルーツ(1個150円)を食べてみる。
 2つに切ってもらうと、中は白身で、その中にゴマ状のツブツブがある。さっぱりとしたナシに似た味。赤身のドラゴンフルーツもあるという。
 魚売り場では本土では見られないような原色の色鮮やかな魚が所狭しと並んでいる。その中でも、ミーバイが一番の高級魚だという。野菜売り場ではタロイモの一種、水田で栽培されるターム(田芋)、乾物売り場では、乾燥させて棒状になった海ヘビのイラブーが目についた。
 圧巻はなんといっても肉売り場だ。肉といっても豚肉である。売場には豚の頭が飾られている。顔皮のチラガーや耳皮のミミガーが沖縄らしい。豚足が山積みにされ、塩漬けにされた三枚肉が無造作に並んでいる。内臓もごく当たり前の顔をして店先に並んでいる。沖縄人が豚肉をいかによく食べるかが、一目でわかる牧志公設市場の肉売り場だ。
 牧志の公設市場を歩き終えたところで昼食にする。人気の沖縄そばの店「けんぱーのすばやー」で「三枚肉そば」(450円)を食べた。

IMG_0824_smallIMG_0835_small

那覇の泊港
国道406号の入口


IMG_0838_smallIMG_0839_small

国道330号を行く
那覇のメインストリートの国際通り


IMG_0840_smallIMG_0847_small

牧志の公設市場を歩く
ドラゴンフルーツ


IMG_0848_smallIMG_0841_small

ドラゴンフルーツの中身
魚売場


IMG_0844_smallIMG_0845_small

肉売場
豚の頭が飾られている


IMG_0846_smallIMG_0843_small

サングラスをした豚
ソーキそばには欠かせないソーキ


IMG_0851_smallIMG_0850_small

沖縄そばの店「けんぱーのすばやー」
「けんぱーのすばやー」の「三枚肉そば」


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。