カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[116]

投稿日:2013年3月26日

沖縄最北の地

沖縄←鹿児島←熊本←長崎
←佐賀←福岡←山口←広島←岡山←兵庫←大阪←和歌山←徳島←香川←愛媛
←高知←徳島←和歌山←奈良←和歌山←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 伊平屋島の前泊港を出発。
「伊平屋島一周」の開始だ。最北端の田名岬を目指して北へと走る。
 まずは伊平屋島のシンボル、「念頭平松」でアドレスを止める。大きく枝を広げた松の周辺は公園になっている。そこには次のように書かれている。

念頭平松は、あたかも唐傘を広げたような形をしており、高さ7・8メートル、枝張り14・5メートル、胸高直径1・2メートルの大きさをしています。このような見事な枝張りは、リュウキュウマツの代表的な形態を示すものとして貴重です。伝説によると、今から約500年前に植えられた兄念頭松といわれる美しい松がありましたが、山太筑之という男が盗伐し、そのたたりで死んでしまいました。そこで、兄の霊を供養するために、その弟たちがこの念頭平松を植えたといわれています。念頭平松の優美さは、昔から多くの人々に絶賛されてきました。

 そこには、念頭平松と田名の乙女を讃えた次のような琉球民謡も書き添えられている。「念頭平松の枝持ちのちゅらさ、田名のみやらびの身持ちちゅらさ」
 「ちゅらさ」は美しさとか良さの意味のようだ。この念頭平松は沖縄県の天然記念物に指定されている。
 次に「天岩戸伝説」が伝わるクマヤ洞窟を歩き、伊平屋島最北端の田名岬に立った。そこには灯台。田名岬は沖縄最北の地で、奄美諸島の与論島よりも北になる。
 田名岬からは島の西側を南下。東シナ海を右手に見ながら走る。その途中ではヤギの群れを見た。放牧しているヤギなのか、それとも野生化したヤギなのか。
 夕日が東シナ海に落ちていく。島の南端まで行き、野甫大橋でつながっている野甫島を見た。そして夕暮れの前泊港に戻ってきた。
「伊平屋島一周」は31キロだ。
 港近くの「伊平屋観光ホテル」に泊まる。ここは観光ホテルの名前とは裏腹に、看板ひとつかかっていない鄙びた宿。部屋の窓を開けると、目の前が海。椰子が風に揺れている。何という気持ちの良さ。
 シャワーを浴びてさっぱりしたところで夕食。客はぼく一人だ。
 まずはオリオンビールで乾杯。夕食のタマンの刺身とミーバイの煮魚はうまかった。ご飯にはタマンの魚汁がついている。忘れることのできない「伊平屋観光ホテル」の魚三昧の夕食。1泊2食の宿泊費は4500円だった。

第21日目:那覇→伊平屋島
2008年10月21日
走行距離:174キロ(合計5,168キロ)
費用:
残波岬の灯台 200円
琉球村 840円
ガソリン 526円
昼食 770円
今帰仁城 400円
伊平屋島へのフェリー(往復) 12,450円
宿泊(朝食つき) 4,500円
ビール 500円
合計 20,186円
総計 272,183円


IMG_0703_smallIMG_0704_small

伊平屋島の前泊港を出発!
田名岬を目指して北へ


IMG_0707_smallIMG_5114_small

伊平屋島のシンボルの「念頭平松」
「念頭平松」の碑


IMG_0713_smallIMG_0711_small

クマヤ洞窟の岩山
伊平屋島の太平洋岸を行く


IMG_0710_smallIMG_0715_small

伊平屋島最北端の田名岬
田名岬の灯台


IMG_0716_smallIMG_0717_small

伊平屋島の東シナ海の海岸線を南下
東シナ海に落ちる夕日


IMG_0718_smallIMG_0719_small

野甫大橋でつながる野甫島を見る
前泊港に戻ってきた


IMG_0720_smallIMG_0721_small

オリオンビールで乾杯!
「伊平屋観光ホテル」の夕食


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。