カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[112]

投稿日:2013年3月22日

琉球の古民家

沖縄←鹿児島←熊本←長崎
←佐賀←福岡←山口←広島←岡山←兵庫←大阪←和歌山←徳島←香川←愛媛
←高知←徳島←和歌山←奈良←和歌山←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 白亜の灯台の立つ残波岬から隆起サンゴ礁の断崖がつづく海岸を走り、沖縄本島2番目の岬、真栄田岬へ。ここは沖縄のダイビングのメッカ。岬の展望台に立つと、真下の海ではインストラクターの指導のもと、多くの人たちが青い海でダイビングしている。
 真栄田岬をあとにすると、次に「琉球村」(入園料840円)を見学。園内に入ると、セミの鳴き声のすごさに驚かされてしまう。この日は10月21日で10月も下旬になったというのに…。琉球村のセミは奄美のあやまる岬のセミに似ているが、鳴き方が違う。鳥のような鳴き声。ここでは秋というよりもまだ真夏だ。
 琉球村では琉球の古民家に目を引かれた。家の前には「ヒンプン」。玄関と目隠しの機能を合わせ持った「石の衝立」だ。屋根には魔よけの「シーサー」が見られる。9本足の高倉は粟などの穀物庫。その下には大きな甕がいくつも置かれている。牛に引かせてサトウキビをしぼる砂糖車の「サーターシャ」もある。沖縄には壷屋などの窯場があるが、ここにも陶器の工房があって見学できる。
 琉球村の見ものは「ハブとマングースの決闘ショー」だ。
 透明のプラスチックのケースに仕切りを入れて、ハブとマングースを向き合わせる。係員が棒でハブをつついて怒らせたところで、さっと仕切りを上げる。勝負は何ともあっけなかった。イタチそっくりなマングースはすばやくハブの頭にかみつき、振り回し、ねじりふせ、一方的なマングースの勝利で終った。

IMG_5070_smallIMG_0659_small

残波岬を出発
真栄田岬へとつづく海岸線


IMG_0661_smallIMG_0663_small

真栄田岬の展望台
真栄田岬突端の岩礁


IMG_0664_smallIMG_0665_small

真栄田岬の海岸線
琉球村の入口


IMG_0666_smallIMG_0667_small

琉球村の古民家
琉球村の高倉


IMG_0668_smallIMG_0669_small

琉球村の陶器の工房
琉球村の砂糖車


Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊

  • 新刊紹介


    モトチャンプ
    2022年10月号
    9月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャーニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。