カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[96]

投稿日:2013年3月5日

小説「宝島」のモデルの島

鹿児島←熊本←長崎
←佐賀←福岡←山口←広島←岡山←兵庫←大阪←和歌山←徳島←香川←愛媛
←高知←徳島←和歌山←奈良←和歌山←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

「フェリーとしま」でトカラ列島を南下し、第4島目の諏訪瀬島へ。
 トカラ列島は全島が霧島火山帯に属する火山列島。その中でも諏訪瀬島は火山活動が活発で、噴煙を空高く上げている。諏訪瀬島の御岳(825m)はストロンボリ式の火山として知られている。文化10年(1813年)の大噴火では全島民が島を離れ、その後、約70年間無人だったという歴史もある。
 9時45分、「フェリーとしま」は諏訪瀬島の元浦港に接岸。港には何人もの人たちが出迎えに来ている。乗客が降り、コンテナが下ろされると、9時55分、出港。海上から見る諏訪瀬島はすごい迫力だ。空高く上がった噴煙は厚い雲になって空を覆いつくしている。諏訪瀬島はあまり知られていないが、日本でも有数の活火山の島なのだ。
 第5島目の悪石島到着は10時50分。ここでも10分後には出港し、第6島目の小宝島へ。この間には、重要な生態系の分布境界線の「渡瀬線」が通っている。
 この線を南限とするものにはニホンザルやムササビ、ニホンカモシカなどがあり、これより南にはルリカケスやアマミノクロウサギなどがあげられる。マムシとハブの境界線にもなっている。
 渡瀬線を越えて12時25分、小宝島に到着。ここではうねりが高く、「フェリーとしま」は接岸するのに苦労した。出港すると、見送りの若者3人は防波堤の突端まで走り、そこで手を振っている。船が小宝島を離れたところで、レストランで昼食。カンビールを飲みながら、「中華丼」(630円)を食べた。
 トカラ列島最後の島、宝島到着は13時15分。
 トカラ列島最南端の宝島はスティーブンスンの小説「宝島」のモデルとなった島として知られている。島内には海賊キャプテンキッドが財宝を隠したと伝えらる鍾乳洞があり、多くの探検家や賞金稼ぎがこの島を訪れた。文政7年(1824年)にはイギリス船による侵略があり、翌年、徳川幕府が出した「異国船打払令」の一因にもなったという。
 13時25分、「フェリーとしま」は宝島を出港。トカラ列島の島々が遠くなっていく。それとともに海はシケ、グラグラ大揺れに揺れる。乗客の大半は船酔いでぐったりしている。
 鹿児島港を出てから16時間40分後の16時30分、「フェリーとしま」は奄美大島の名瀬港に到着した。
「さー、奄美大島一周だ!」

IMG_0532_smallIMG_0533_small

噴煙を上げる諏訪之瀬島
諏訪之瀬島で船を待つ人たち


IMG_0534_smallIMG_0535_small

下船開始
諏訪之瀬島を出港


IMG_0536_smallIMG_0538_small

諏訪之瀬島を離れていく
海上の悪石島を見る


IMG_0540_smallIMG_0542_small

悪石島に到着
悪石島を出発


IMG_0543_smallIMG_0544_small

小宝島を見る
小宝島に到着


IMG_0545_smallIMG_0549_small

昼食の中華丼
宝島に到着


IMG_0551_smallIMG_0552_small

宝島を離れていく
トカラ列島が遠くなっていく


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。