カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[81]

投稿日:2013年2月18日

肌もツルツル、温泉効果で熟睡

鹿児島←熊本←長崎
←佐賀←福岡←山口←広島←岡山←兵庫←大阪←和歌山←徳島←香川←愛媛
←高知←徳島←和歌山←奈良←和歌山←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 水俣に到着すると、中心街で国道3号を左折し、県道117号で鬼岳(734m)山麓の湯ノ鶴温泉へ。湯出川の渓流沿いに10軒ほどの温泉宿が建ち並んでいる。湯治場の雰囲気が色濃く漂う湯ノ鶴温泉だ。
 ここでは「四浦屋」(入浴料200円)の湯に入った。内風呂のみ。熱い湯だ。
「アッチチチ…」
 と思わず声を出して石の湯船につかる。湯の中では動かずにじっとしていた。湯ノ鶴温泉は源泉は52度という高温湯だ。
 水俣に戻ると、国道3号で県境を越え、鹿児島県の出水市に入る。米ノ津港でアドレスを止め、八代海を眺めた。対岸の獅子島がよく見える。
 夕日が八代海に落ちると、出水の町中にある「つる乃湯温泉」へ。ここが今晩の宿。大浴場と露天風呂の湯につかり、湯から上がるとビールをキューッと飲み干した。この湯上がりのビールはたまらない。
 極上ビールのあとは夕食だ。
 刺身と天ぷら、茶碗蒸し、カニ汁、それにマグロのカマが出た。とても1泊2食6000円とは思えないような料理だ。さらにうれしいことに、宿のおかみさんはぼくのことを覚えてくれていて、薩摩焼酎を出してくれたのだ。マグロのカマにかぶりつきながら、遠慮なく薩摩焼酎をいただいた。
 ここは「300日3000湯」(2006年ー2007年)でも泊まった宿。そのときも次のように、宿のみなさんにはよくしてもらったのだ。

 出水温泉「薩摩つる乃湯」に到着したのは21時30分。
「間に合った!」
 22時までは大浴場の湯に入れるのだ。
 さっそく第15湯目の「宿湯」に入った。大浴場の湯から上がると、フロントに置いてあるパック入りの「おこわ」が目に入り、買おうとした。
 ところが受付の美人姉妹は「これは売れ残ったものだから」といって代金を受け取ろうとはしない。それどころか「どうぞ、これも」といって、カンビールとウーロン茶を持たせてくれたのだ。ありがたく薩摩美人の好意を受け取ったが、部屋でカンビールを飲みながら食べる「おこわ」はとびきりのうまさだった。

『300日3000湯めぐり日本一周・下巻』昭文社刊より

 残念ながら今回は美人姉妹に会えなかったが、夕食を食べ終わると、おかみさんによーくお礼をいって大浴場と露天風呂の湯に入った。
「つる乃湯温泉」はおかみさんに薩摩焼酎に出してもらったからいうのではないが、ほんとうにいい湯だ。膨大な湯量で、源泉は46・2度というジャスト適温。PH9・2という強アルカリ性のツルツル湯。女性には絶対におすすめの「美人湯」なのだ。温泉のおかげで夜はぐっすりと眠れた。

第15日目:熊本→出水
2008年10月15日
走行距離:132キロ(合計4,323キロ)
費用:
水前寺公園 400円
熊本城 500円
日奈久温泉 150円
日奈久ちくわ 500円
御立岬温泉 500円
昼食 850円
ガソリン 700円
湯ノ鶴温泉 200円
ビール 500円
宿泊(1泊2食) 6,000円
合計 10,300円
総計 183,172円


IMG_0364_smallIMG_9387_small

九州新幹線の新水俣駅
湯ノ鶴温泉「四浦屋」の湯


IMG_0365_smallIMG_0367_small

熊本・鹿児島の県境
出水の米ノ津港


IMG_0368_smallIMG_0369_small

八代海対岸の獅子島
出水の「つる乃湯温泉」に到着


IMG_0370_smallIMG_0373_small

「つる乃湯温泉」の夕食
マグロのカマにかぶりつく


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。