カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[79]

投稿日:2013年2月16日

老舗旅館が並ぶ温泉地

熊本←長崎
←佐賀←福岡←山口←広島←岡山←兵庫←大阪←和歌山←徳島←香川←愛媛
←高知←徳島←和歌山←奈良←和歌山←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 熊本城を出発。国道3号で熊本市内を走り抜け、阿蘇から流れてくる緑川を渡り、宇土半島入口の宇土へ。ここで宇土半島の三角に通じる国道57号と分岐する。
 宇土からは松橋バイパスに入らず、旧道の県道14号を行く。松橋では前夜、三角からの帰路で走った国道266号と交差する。
 松橋を過ぎ、八代の中心街に入ると、球磨川河口の八代港まで行ってみる。
 八代からは国道3号を南へ。
 八代海に面した日奈久温泉でアドレスを止めた。温泉街にある日奈久阿蘇神社は秋祭りの最中だった。
 温泉街の中央には「日奈久温泉発祥の地碑」。そこには日奈久温泉の由来が書かれている。今でこそ寂れた感のある日奈久温泉だが、その歴史は古く、約600年前まで遡る。
 刀傷を負った父の平癒を祈願した浜田六郎左衛門という人が、市杵島姫命のお告げにより有明海の干潟から湯を掘り当てたという開湯伝説が伝わっている。江戸時代には熊本藩主細川氏の藩営温泉になり、その命によって大浴場が設けられ、八代城主の松井氏や参勤交替途上の薩摩の島津氏もよく利用したという。
 明治に入ると宿も増え、明治末期から昭和初期に相次いで建てられた木造2階建てや3階建ての旅館が数多く残っている。国指定の文化財の「金波楼」のほか、「泉屋」、「柳屋旅館」、「新湯旅館」などがその代表的な建物だ。今度、来るときは、ぜひともそれらの老舗旅館に泊まってみたいものだ。
 日奈久温泉ではアドレスを停め、温泉街をプラプラ歩き、「松の湯」(入浴料150円)に入った。熱めの湯と温めの湯、2つの湯船。入浴客はぼく1人なので、手足を伸ばし、存分に湯につかった。無色透明無味無臭のやわらかな湯だ。
「松の湯」を出ると、日奈久名物の「日奈久ちくわ」(5本入り500円)を食べた。
 そのあと土産物店で笊や籠などの竹細工を見る。今は衰退してしまったが、日奈久温泉はかつては別府温泉や日田温泉と並ぶ九州の竹細工の産地だった。

IMG_0344_smallIMG_0345_small

熊本城を出発
八代を流れる球磨川


IMG_0346_smallIMG_0347_small

日奈久温泉の日奈久阿蘇神社
「日奈久温泉発祥の地碑」


IMG_0350_smallIMG_0351_small

日奈久温泉「松の湯」
「松の湯」に入る


IMG_0348_smallIMG_0349_small

「日奈久ちくわ」を食べる
日奈久温泉の竹細工


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。