カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[60]

投稿日:2013年1月28日

門司港レトロ探訪

福岡←山口←広島←岡山←兵庫←大阪←和歌山←徳島←香川←愛媛←高知←徳島
←和歌山←奈良←和歌山←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 10月11日。夜明けとともに小倉駅前を出発。駅近くの「まんなおし食堂」で小倉名物の「焼きうどん」(450円)を食べ、スズキの125ccスクーター、アドレスV125Gを走らせ、国道3号で門司港駅まで戻る。その途中では門司駅前でもアドレスを止めた。
 かつての九州鉄道網のターミナル駅、門司港駅に着くと、駐輪場にアドレスを停め、歩いて「門司港探訪」を開始。まずは入場券(160円)を買って当時の面影を残す駅舎内を歩く。改札口を通り抜け、ホームに出たところには九州鉄道網の「0哩碑」が建っている。2番ホームには博多からの電車が到着し、1番ホームからは荒尾行きの快速電車が発車するところだった。
 世界初の鉄道海底トンネル、関門鉄道トンネルが戦時中の昭和17年に開通するまでは、門司港駅から九州各地への列車が出ていた。門司港駅には今でもターミナル駅としての風格が残っている。
 前日、「寝太郎さん」のお父さんに案内してもらった門司港駅周辺の門司港レトロ地区を再度、歩く。旧三井倶楽部から旧大阪商船へ。写真のような旧大阪商船の建物は大正6年に建てかえられたという。当時としては超モダンな建物だったに違いない。1階が船の待合室で、2階がオフィスになっていた。
 当時の門司港はまさに日本の玄関口。大阪商船の「関門出帆汽船定期表」を見ると、朝鮮、台湾、中国、印度、欧州、米国に月に60隻以上もの船が出ていた。
 主な航路を上げると次のようになる。

米国線 月1回 東航 神戸→横浜→タコマ→シアトル→バンクーバー
西航 上海→香港
孟買線 月1回 香港→新嘉坡(シンガポール)→彼南(ペナン)→古倫母(コロンボ)→孟買(ムンバイ)
基隆線 月4回 基隆直行
大連線 月2回 大連直行
打狗線 月2回 長崎→基隆→澎湖島→安平(台南)→打狗(高雄)
天津線 月6回 天津直行
青島線 月2回 青島直行
安東線 月2回 仁川→鎮南浦→安東(丹東)
清津線 月3回 釜山→元山→西湖津→新浦→城津→清津
仁川線 週3回 釜山→馬山→木浦→群山→仁川

 これだけの定期船が門司、下関の関門港から出ていた。下関港からはさらに関釜連絡船も出ていた。関門海峡はまさにアジアの十字路だった。
 それもあって戦前の第75帝国議会で議決された「弾丸列車計画」は、東京と下関を結ぶもの。総工費5億6000万円という、当時としては桁外れの膨大な巨費を投じ、昭和15年に着工し、15年後の完成を目指した。最高時速200キロの列車が東京と下関を9時間で結ぶはずだった。しかし残念ながら、夢の「弾丸列車計画」は戦争で消えた。
「門司港探訪」の最後は関門連絡船。その乗り場に立ち、関門海峡対岸の下関を見る。ここからは1時間に3本の連絡船が、対岸の下関の唐戸に出ている。所要時間は5分、料金は390円。
 かつての関門連絡船は下関駅と門司港駅を結ぶ鉄道連絡船だった。昭和17年に関門鉄道トンネルが完成した以降も存続し、廃止されたのは昭和39年になってからだ。海底トンネル完成前の昭和15年には1日52往復、廃止直前の昭和39年でも20往復の便があった。
 関門海峡をはさんだ門司と下関は、関門が「アジアの十字路」だった頃とは比較にならないほど、今は衰退している。時代の流れとはいえ、それが何とも寂しい。関門港がもう一度、日本の玄関口になり、ここから外国航路の客船が次々に出ていく光景を見てみたいと思った。

IMG_0093_smallIMG_0094_small

小倉駅前を出発
小倉駅近くの「まんなおし食堂」


IMG_0095_smallIMG_0096_small

小倉名物の「焼きうどん」
門司駅


IMG_0098_smallIMG_0100_small

門司港駅に戻ってきた
門司港駅の「0哩碑」


IMG_0103_smallIMG_0104_small

門司港駅のホーム
旧三井倶楽部


IMG_0105_smallIMG_0106_small

旧大阪商船
関門連絡船の乗り場


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。