カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[53]

投稿日:2013年1月21日

歴史が偲ばれる国道250号

兵庫←大阪←和歌山←徳島←香川←愛媛←高知←徳島←和歌山←奈良←和歌山
←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 国道2号で姫路に到着。姫路のシンボルの姫路城を見る。まさに日本の名城だ。
「白鷺城」ともいわれるが、その名の通りの優美な姿が目に残る。
 姫路城は「国宝四城」のひとつ。姫路城と彦根城、犬山城、松本城が「国宝四城」になるが、その中でも姫路城は一番の名城といっていい。
 この地はもともとは姫山といわれていたようだ。
 正平元年(1346年)、赤松貞範が築城し、姫路城と名づけて以来、姫路になった。現在残る姫路城は17世紀の初めに、池田輝政が大改造したものだ。
 姫路からは海沿いの国道250号を行く。
 室津湾に面した室津でアドレスV125Gを止める。ここはかつては「室津千軒」といわれたほどの繁栄を謳歌した港町。江戸時代は参勤交代の西国諸大名の乗下船地で、本陣が6軒もあったという。
 室津から金ヶ崎へ。
 金ヶ崎は「万葉の岬」で知られているが、ここには山部赤人の歌碑がある。岬の突端からは瀬戸内海に浮かぶ家島諸島の島々を見る。2001年の「島めぐり日本一周」で巡った島々なので、胸にジーンと来るものがある。
 金ヶ崎からは相生湾の海沿いの道を行く。相生といえば造船。かつてはIHIの企業城下町として繁栄したが、日本の造船の衰退とともに、相生の町からはかつての賑わいは消えた。
 相生湾の一番、奥まったところには道の駅「あいおい白龍城」がある。中国様式の建物と「相生ペーロン祭」のペーロン船が目を引く。
「相生ペーロン祭」は播州路に初夏を告げる一大イベント。毎年5月の最終日曜日に開催される。その前日には4500発もの花火が盛大に打ち上げられる。ペーロンの起源は紀元前3世紀の中国で、白龍(パイロン)という小舟で競争したのが始まりだという。ペーロンはパイロンが訛った言葉で、日本の長崎に伝わったのは江戸時代の初期。それが大正11年、長崎の造船所の従業員たちがこの地に移り、故郷を偲んで始めたのが「相生ペーロン祭」なのだという。
 展示されているのは5代目ペーロン船の「天龍」で長さは12メートル。艇長1名、舵取1名、太鼓1名、銅鑼1名、漕ぎ手28名の計32名が乗り組み、艇長の指揮の下、太鼓と銅鑼の音に合わせて力走するという。ぜひとも見てみたい相生の「ペーロン祭」だ。

IMG_4809_smallIMG_4866_small

「国宝四城」の姫路城
姫路からは国道250号を行く


IMG_4867_smallIMG_4868_small

室津港
金ヶ崎から家島諸島を見る


IMG_4869_smallIMG_4870_small

金ヶ崎は「万葉の岬」
相生湾


IMG_4873_smallIMG_4876_small

相生の造船所
相生のペーロン船


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。