カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[43]

投稿日:2013年1月11日

日本の多島海

愛媛←高知←徳島←和歌山←奈良←和歌山←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 松山からは国道196号で今治へ。北条を過ぎると瀬戸内海を見ながら走る。
 これが「海道ツーリング」の魅力というもので、潮風を浴びながらアドレスV125Gを走らせる気分はたまらない。
 今治の手前で国道196号を左折し、高縄半島に入っていく。広島県の竹原へのフェリーが出る波方港に寄ったあと、半島突端の大角鼻に立つ。展望台からの眺めは絶景。目の前には芸予諸島の島々がズラズラズラッと横たわっている。
 右手には愛媛県の伊予大島、大三島、正面には広島県の大崎上島、大崎下島、左手には広島県の上蒲刈島、下蒲刈島。そのほかにもいくつもの島々が見えている。それら芸予諸島の島々は重なり合い、どれがどの島なのか、島名を特定するのが難しいほど。20以上の島が見えているのは間違いない。
 大角鼻は芸予諸島を見るのには最高の展望台。
 日本の多島海、瀬戸内海を十分に実感できる風景だ。
 大角鼻からの眺めを目に焼き付けたところで波方港に戻り、海沿いの道を走り今治へ。
 目の前の来島海峡には来島が浮かんでいる。その向こうには海峡をまたいで伊予大島へと延びるしまなみ海道の来島海峡大橋が見えている。
 来島は豆粒のような小さな島だが、ここが中世の「来島水軍」の根拠地。島には城砦跡が残っている。来島海峡にはそのほかに小島、馬島、津島、大突間島、武志島、中渡島の島々があり、来島諸島と呼ばれている。
 来島への渡船の出る波止浜へ。時刻表を見ると、波止浜から来島までは所要時間は5分。料金は140円。「来島に渡ってみたい!」と思ったが、「また次の機会にしよう」と自分で自分に言い聞かせて諦めた。渡船はさらに小島に寄って馬島まで行っている。馬島までは20分、260円だ。
 波止浜には燈明台が残されている。それには次のような興味深い説明が書かれている。

奥深い入江が箱のような形をした波止浜湾は筥潟湾と呼ばれ、古くから帆船の重要な風待、潮待ちの良港で、戦国時代は来島水軍の船溜まりとして重要視され、天和3年(1683年)以降の塩田開発による町屋の増加、塩買船、塩田資材を供給する船の出入りが多くなり、港町として発展し、伊予の小長崎といわれるほどに成長した。
 元禄16年(1703年)には港の入口に出入船舶を監督する船番所が置かれ、船舶と他国者の出入りを厳しく取り締まり、船税の徴収にもあたった。今もその附近を御番所前と呼んでいる。この大燈明台は嘉永2年(1849年)に御番所前に建てられたもので、高さ約6メートルあり、海上の安全を祈願したもので、当時の波止浜の人々の意気を示している。明治35年(1902年)に現在地に移された。南面には嘉永己酉十月吉日、海上安全と彫られ、東面には金毘羅大権現と彫られている

 波止浜から造船所の前を通り、今治の中心街に入り、JR予讃線の今治駅前でアドレスを止めた。

IMG_1928_smallIMG_2020_small

伊予鉄の道後温泉駅
松山は市電の走る町


IMG_2023_smallIMG_2027_small

北条漁港
大角鼻の展望台


IMG_2028_smallIMG_2033_small

大角鼻からの眺め
来島海峡に浮かぶ来島


IMG_2035_smallIMG_2038_small

波止浜の燈明台
今治の造船所


IMG_2040_smallIMG_4505_small

しまなみ海道の来島海峡大橋
JR今治駅前に到着


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。