カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[41]

投稿日:2013年1月9日

四国最西端

愛媛←高知←徳島←和歌山←奈良←和歌山←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 船越半島の高茂岬と鼻面岬、2つの岬をめぐり、御荘の町に戻ると国道56号を北へ。入り組んだ宇和海の海岸線を見ながらアドレスV125Gを走らせる。
 伊達氏10万石の城下町、宇和島に到着。伊達といえば東北の仙台だが、宇和島藩の藩祖は仙台藩の祖、伊達政宗の弟になる。はるかに離れた仙台と宇和島は「伊達」を通して密接に結びついている。
 宇和島からさらに国道56号を北へと走り、法華津峠を越え、西宇和から県道25号で八幡浜へ。八幡浜からは国道197号を行く。細長く延びる佐田岬半島の山上の道。眼下には佐田岬半島の海岸線を見下ろす。
 この国道197号は、かつては「イクナ酷道」といわれたくらいの難路。海岸線のクネクネと曲がりくねった道だった。それだけにとんでもなく時間がかかった。それも今は昔で、山上の快適な2車線路を行く。
 九州へのフェリーの出る三崎に到着。ここから四国最西端の佐田岬に向かう。岬入口の駐車場にアドレスを停めると、岬の先端を目指して小道を歩いていく。椿などの木々の緑が濃い。
 岬の灯台の手前、椿山の展望台からの眺めは最高だ。岬先端の白い灯台と、豊予海峡越しに見る九州の山々を一望する。対岸の佐賀関の精練所の煙突がはっきり見える。三崎港を出たフェリーが海峡に白い航跡を残し、九州に向かっていくのも見える。
 佐田岬に到達すると、岬先端の灯台と「四国最西端碑」を見、海峡の向こうの九州の山々を眺めた。
 佐田岬の先には点々と岩礁がつづく。数百メートル先の小さな標識灯が点滅しているあたりが黄金バヤ。ここは瀬戸内海有数の難所だが、岩礁の周りは魚たちの格好の棲みかになっている。タイやサワラなど高級魚の一本釣りの好漁場になっているのだ。
 またこのあたりの海は海士(あま)漁の本場。男たちが海に潜り、アワビやサザエ、テングサを採っている。海に潜るのは男の仕事と決まっていて、戦前は遥か遠く、済州島や朝鮮半島南岸の海にまで出稼ぎ漁に出ていた。漁民たちにとっては、すべてがひと続きの海なのだ。
 この四国最西端の佐田岬は宇和海と瀬戸内海の2つの海に分けている。
 佐田岬から三崎に戻ると、フェリー乗場前の食堂「清海」で夕食。「お造り定食」(1180円)を食べた。お造り(刺身)は天然ハマチ。厚切のハマチはプリプリしていた。夕食を食べ終えると、港近くの「やまもと旅館」に泊まった。

第7日目:高知・佐賀温泉→愛媛・三崎
2008年10月7日
走行距離:325キロ(合計1978キロ)
費用:
温泉 600円
カンコーヒー 120円
ガソリン 718円
昼食 880円
カンジュース 120円
ガソリン 701円
夕食 1,180円
宿泊(朝食のみ) 5,250円
合計 9,569円
総計 91,155円


IMG_4481_smallIMG_4482_small

宇和海の海岸線を行く
宇和海の入江は養殖漁業が盛ん


IMG_4483_smallIMG_1993_small

宇和島の入口
宇和島の中心街


IMG_4485_smallIMG_4486_small

三崎に到着
三崎のフェリー乗場前


IMG_4487_smallIMG_1978_small

佐田岬の入口
佐田岬の小道


IMG_1980_smallIMG_1981_small

佐田岬へとつづく海岸線
椿島から見る佐田岬灯台


IMG_3254_smallIMG_1983_small

佐田岬灯台
佐田岬の「四国最西端碑」


IMG_1984_smallIMG_1987_small

佐田岬突端からの眺め
三崎の食堂「清海」で夕食


IMG_3265_smallIMG_3266_small

「お造り定食」を食べる
天然ハマチのお造り


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。