カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[38]

投稿日:2012年12月31日

補陀落渡海の地

高知←徳島←和歌山←奈良←和歌山←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 土佐清水から足摺半島に入っていく。この小半島の南端が足摺岬だ。
 往路ではメインルートの県道348号を行く。足摺半島の稜線近くを走るルート。以前は足摺スカイラインと呼ばれた有料道路だった。
 足摺岬に到着すると駐車場にアドレスを停め、椿の木が覆いかぶさる小道を歩き、岬の突端に立った。迫力のある岬の風景。断崖に太平洋の荒波がぶつかり砕け散っていた。
 岬の小道を歩いたあと、四国霊場八十八ヵ所第38番札所の金剛福寺に参拝。白装束のお遍路さんの姿をかなり見かける。
 足摺岬は聖地。ここは補陀落渡海の地でもあった。
「補陀落」とは天竺の極楽浄土のことで、観世音菩薩が住むという。足摺岬はその入口だと考えられていた。補陀落渡海の僧たちは観音浄土を求め、往生をとげようと、ここから二度と戻ることなく西の海に船出していった。紀伊半島・那智の補陀落山寺の補陀落渡海と同じような話だ。
 足摺岬から土佐清水への帰路は、海辺の曲がりくねった県道27号を行く。その途中の松尾、大浜、中浜は昔からカツオ漁の盛んな漁村だった。この地方のカツオ漁は文禄年間(1592〜96年)に紀州・印南の漁民たちがカツオ節の製法とともにもたらしたものだという。土佐と紀州は黒潮でつながっていた。
 松尾、大浜、長浜のうち、最後の長浜は足摺岬に大きな銅像が建っているジョン万次郎こと中浜万次郎の生まれ故郷だ。
 江戸時代の後期、文政10年(1827年)に中浜の漁民の次男として生まれた万次郎は、14歳のときに乗っていた漁船が難破し、漂流しているところをアメリカの捕鯨船に助けられた。
 船長は万次郎をアメリカに連れていき、アメリカで学ばせた。24歳になって帰国した万次郎は幕府の直参(将軍直属の武士)になり、得意の英語を駆使して幕末の日本の外交に大きく貢献した。万延元年(1860年)の咸臨丸(艦長勝海舟)での渡米のときにも同乗した。中浜はそんな歴史の舞台なのだ。中浜の集落を一望したあと、土佐清水に戻った。

IMG_4462_smallIMG_4463_small

足摺岬に到着
足摺岬周辺の案内図


IMG_4464_smallIMG_4465_small

足摺岬のジョン万次郎像
足摺岬突端への小道


IMG_4466_smallIMG_4469_small

足摺岬の灯台
足摺岬の岩礁


IMG_4471_smallIMG_4472_small

第38番札所の金剛福寺
金剛福寺の本堂


IMG_4473_smallIMG_9907_small

ジョン万次郎の故郷の中浜
土佐清水に戻ってきた


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。