カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[26]

投稿日:2012年12月18日

黒潮にのって全国へ

奈良←和歌山←三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 JR新宮駅前を出発し、アドレスV125Gを走らせ、国道168号を北へ。熊野川沿いに走り、本宮の熊野本宮大社に参拝。ここが「熊野三山」の筆頭格になる。「熊野参詣道」の熊野古道が世界遺産に登録されてからというもの、より多くの人たちが熊野本宮大社にやってくる。
「熊野大権現」の奉納旗がなびく129段の石段を登り、神門をくぐり抜けたところには、熊野権現造りの檜皮葺の社殿が第一殿から第四殿まで横一列に並んでいる。第一殿は夫須美大神、第二殿は速玉大神、第三殿は家津御子大神、第四殿は天照大神をまつっている。そのうちの第三殿が本殿になる。家津御子大神というのは八岐大蛇を退治した素盞嗚尊のことだ。
 熊野本宮大社は全国にある熊野神社3831社の本社。境内の熊野神社の分布図が興味深い。それを見ると、熊野神社は47都道府県のすべてにある。一番多いのは千葉県の268社、つづいて福島県の235社、愛知県の209社がつづく。この分布図を見てわかるのは日本海側よりも、太平洋側の方がはるかに多いということだ。熊野神社は黒潮にのって日本各地に広まっていったように思える。
 熊野本宮大社の参拝を終えると国道168号をさらに北上し、和歌山県から奈良県に入っていく。今回の日本一周で入る最初の内陸県だ。
 十津川温泉の入口まで来ると国道168号を左折し、上湯川沿いに走る。
「野猿」(無料)をみつけるとアドレスを止めて乗ってみる。「おもしろい!」と思ったことに何にでもトライしてみるのは旅の鉄則だ。
「野猿」というのは十津川村特有の1人用の「人力ロープウエイ」。川の上に張ったワイヤーに人がのる「やかた」を吊り下げ、それに乗った人が自分で引き綱をたぐり寄せ、橋のかかっていない川を渡るというものだ。猿が木の蔓を伝っていく様子に似ているので野猿の名があるという。
 ここの野猿は川幅30メートルくらいのところにかかっているが、往復すると腕が痛くなるほど。そんなに楽な「人力ロープウエイ」ではない。
 野猿で十津川の世界を存分に感じ取ったところで、今晩の宿、「十津川観光ホテル山水」へ。宿に到着するとさっそく内風呂と露天風呂の湯に入る。無色透明な湯につかると、アドレスで1日走った疲れがいっぺんに吹き飛んでいく。ここは湯量豊富な温泉だ。
 湯から上がると夕食。うれしい部屋食。ビールを1本、キューッと飲み干したところで、アユの塩焼き、刺身、天ぷら、茶碗蒸し、煮物、酢の物、漬物、山クラゲ、それと鴨鍋という豪華版の夕食を食べた。

第4日目:伊良湖岬→下湯温泉
2008年10月4日
走行距離:304キロ(合計1,005キロ)
費用:
伊勢湾フェリー 3,000円
大王崎の灯台 200円
焼きウニ 400円
昼食 900円
マンボウの串焼き 300円
ガソリン 802円
宿泊 10,000円
合計 15,602円
総計 48,335円


IMG_4366_smallIMG_4365_small

JR新宮駅前を出発
熊野川の広い川原


IMG_4364_smallIMG_4182_small

本宮の町に入っていく
熊野本宮大社の参道


IMG_4183_smallIMG_4185_small

熊野本宮大社の神門
熊野本宮大社を参拝


IMG_4342_smallIMG_4343_small

国道168号で奈良県に入る
「十津川観光ホテル山水」に到着


IMG_4348_smallIMG_4349_small

「十津川観光ホテル山水」の内風呂
「十津川観光ホテル山水」の露天風呂


IMG_4351_small

豪華版の夕食。これに鴨鍋がつく


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。