カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[22]

投稿日:2012年12月12日

荒波を切り分ける

三重←愛知←静岡←神奈川←東京

 志摩の玄関口、鳥羽港に上陸すると、海沿いの道を南下。「カキ食べ放題」の看板が目に入る。思わずアドレスのブレーキをかけかかったが、ここではぐっとこらえた。鳥羽の海はカキの養殖が盛んだ。
 海辺の温泉、本浦温泉を過ぎたところでパールロードに入っていく。快走ルートを走り抜け、志摩市の中心、鵜方へ。ここでは横山の展望台まで足を延ばし、真珠養殖の英虞湾を見下ろした。
 鵜方に戻ると海沿いの道を走り大王崎へ。
 その途中ではなつかしの志島を通る。ここは海女漁の集落。志摩といえば海女漁の本場だが、何年か前の夏、ここの海女さんに漁に連れていってもらったことがある。
 船に乗って沖に出ると海女さんは耳に栓をし、水中眼鏡をかけ、チューブの浮き輪に網をつけた「タンポ」を海に投げ入れ、鉄製のカギを持って海に飛び込んだ。
 アワビやサザエをつかんで浮かび上がってくると、腰に巻いた綱と結んだタンポにそれを入れ、「アーフッ」と大きな声を出したり、「ヒューッ」と口笛を吹くようにして息を整え、また海に潜っていく。大変な作業だ。重労働といっていい。
 1時間半ほどの漁を終えると、海女さんは船に上がった。タンポに入ったアワビやサザエはズシリと重い。それを編袋に移した。
 浜に戻ると、海女さんは海女小屋で火を焚いた。
「食べなさい」
 といって、獲れたのアワビやサザエを火で焼いてくれた。トコブシも焼いてくれた。40センチほどの大きなホラガイも焼いてくれた。
 だが焚き火で焼いたアワビやサザエ以上に美味だったのは、生のアワビである。
 海の潮がちょうどいい味つけになっているので、調味料のたぐいは一切、いらない。まだ生きているアワビをそのまま食べるのだが、信じられないほどの柔らかさで、微妙な歯ごたえがあった。
 獲れたてのアワビは間違いなく志摩でも最高のご馳走なのに、海女さんは「アワビだけでは申し訳ないねぇ」といって家から持ってきた弁当を分けてくれた。さらに「兄さん、何か、ご馳走してあげましょうね」といいながら、野菜を刻み、卵を落としたインスタントラーメンをつくってくれたのだ。
 そんなシーンが目に浮かんでくる。涙が出そうになるほどなつかしい。
 なつかしの志島を走り抜け大王崎に到着。波切漁港の片すみにアドレスを停めると岬を歩いた。
 大王崎は遠州灘と熊野灘を分けて突き出た岬。岬周辺の地名は波切で、何てうまい地名のつけ方なのだろうと感心してしまう。遠州灘と熊野灘はともに、昔から船乗りに恐れられた難所。その2つの海の荒波を切り分ける所が波切なのだ。
 江戸時代の波切港は江戸と上方間の風待港として、また海が荒れたときの避難港としてにぎわったという。この港には米や酒樽、塩、材木、ミカンなどを積んだ船が頻繁に出入りした。
 大王崎は「伊勢の神前、国崎の鎧、波切大王なけりゃよい」
 と、歌にまで歌われた。ちなみに神前(こうざき)とは二見ヶ浦近くの神前岬、鎧とは国崎(くさき)の鎧崎のことで、波切の大王崎と合わせた3岬は、このあたりの海域の三大難所になっている。
 土産物屋がずらりと並ぶ小道を歩き、岬の灯台に登る。岬突端の岩礁を見下ろし、その向こうに広がる太平洋の大海原を眺めた。そのあと灯台前の店でホカホカの「焼きウニ」(400円)を食べた。ゆで卵の黄身風の味わいだ。

00IMG_4315_smallIMG_4316_small

鳥羽港を出発
真珠やカキの養殖が盛んな鳥羽の海


IMG_4317_smallIMG_4318_small

快走路のパールロードを行く
横山展望台からの眺め


IMG_4319_smallIMG_4324_small

大王崎の波切漁港
断崖上の大王埼灯台


IMG_4321_smallIMG_4322_small

大王埼灯台に登る
大王埼灯台から見下ろす岬の岩礁


IMG_4325_smallIMG_4323_small

太平洋の大海原を一望!
波切漁港と波切の町並み


IMG_9777_small

大王崎の「焼きウニ」


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。