カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本一周 west[15]

投稿日:2012年12月5日

造船日本、夜明けの地

静岡←神奈川←東京

 西伊豆の土肥から海沿いの県道17号を走り戸田へ。
 戸田の「小浜食堂」で昼食。「あじのたたき定食」(1365円)を食べたあと、御浜岬の突端まで行ってみる。
 戸田港は達磨火山の河口湖。そういわれてみると「うーん、なるほど!」という地形をしている。南側に長く突き出た岬が御浜岬。諸口神社があるので「御浜」なのだ。
 ここはスカシユリの群生地。6月には5万本ものスカシユリの花が咲き、岬はオレンジ色一色に染まる。ハマユウの群生地もある。7月から8月にかけては3万株のハマユウが白い花を咲かせる。イソブキの群生地もある。秋には3万株のイソブキが黄色い花を咲かせる。さらに岬の突端にはイヌマキが群生している。古木は樹齢数百年。全長750メートルの砂嘴(さし)の御浜岬には豊かな自然が残されている。
 西伊豆の小港に過ぎない戸田は「造船日本」の夜明けの地。そのことが御浜岬の突端にある「造船郷土資料博物館」(入館料300円)を見学してみるとよくわかる。
 安政元年(1845年)、ロシアの使節、プチャーチン提督以下500名を乗せたロシアの軍艦「ディアナ号」(2000トン)は下田港に碇泊中、11月4日に起きた安政の大地震で大きな被害を受けた。「ディアナ号」は戸田港で修理することになり、回航中に沈没。ロシアに帰れなくなったプチャーチン提督は幕府に代船の建造を願い出た。
 その願いがかない、戸田で1艘の西洋型帆船がつくられた。それが「ヘダ号」。このとき船造りにかかわった戸田の船大工7人と配下の大工たちは、日本の近代造船界の祖となっていく。「ヘダ号」型の船はその後、戸田で6隻、東京の石川島で4隻、つくられ、戸田はまさに「造船日本」の夜明けの地になった。
「造船郷土博物館」には「深海生物館」が併設されている。そこでは体長3mの高足ガニや数々の深海魚が見られる。戸田港は深海魚の水揚げされる漁港として知られ、とくに世界最大のカニ、高足ガニが有名だ。戸田では「深海魚料理」が食べられる。
 御浜岬を出発。戸田の町並みを走り抜け、戸田港対岸の出逢い岬でアドレスV125Gを止めた。展望台からは正面に御浜岬を見下ろし、左手に戸田の町並みと戸田港を一望する。出逢い岬は絶景岬だ。
 さらに海沿いの県道17号を走り、伊豆半島岬めぐりの最後の地、大瀬崎へ。
 大瀬崎は駿河湾の西浦海岸西端の岬。御浜岬と同じような砂嘴の岬だ。海越しに富士山を眺める。ここではアドレスを駐車場に止めて歩いた。岬の先端には大瀬神社。1500年もの歴史を誇る神社の境内には伊豆七不思議のひとつの神池がある。海のすぐそばなのに淡水なのだ。神秘的な池には3万匹以上の淡水魚がいるという。岬の先端は柏槇(ビャクシン)の樹林で覆われ、樹齢1000年以上の大木が何本もある。
 大瀬崎から西浦海岸沿いの県道17号を走り、国道414号に合流。沼津駅前に出た。

戸田の「小浜食堂」で昼食
御浜岬突端の松林


出逢い岬に到着
出逢い岬から見る御浜岬


出逢い岬からは戸田の町並みと港を一望
伊豆半島岬めぐりの最後は大瀬崎。岬の向こうには愛鷹山が見える


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。