カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ニュージーランド南島ツーリング[10]

投稿日:2012年10月15日

宅配の新聞

好奇心いっぱいで散策続行中

 クライストチャーチのリカルトン通りをさらに歩く。
 歩きながら「何でも見てやろう精神」で目に入るものを見ていく。
「メトロ」の看板が目についた。クライストチャーチにも地下鉄が走っているのかと思ったら、それは地下鉄の駅ではなく、市内バスのバス停だった。
 フィットネスクラブの内部をのぞいたら、日本で見たことのないような機器があった。
 サイクルショップには高級なスポーツタイプの自転車がズラリと並び、ママチャリはなかった。
 クライストチャーチには韓国人が多いようで、韓国系の旅行代理店を2店、見た。
 1店にはニュージーランドの観光地の写真を並べた大きなポスターが貼られ、もう1店には漢字とハングルで「格安航空券」と大きく書かれていた。韓国人のみならずクライストチャーチ在住の日本人も利用するのだろう。
 おもしろかったのは新聞配達。自転車に乗って一軒一軒、配達しているのだが、ビニール袋に入れた新聞をポストに入れるのではなく、ポイポイと家の前に投げ込んでいくだけ。ていねいにポストに入れる日本の新聞配達のサービスの良さを見たら、ニュージーランド人はきっとビックリすることだろう。

リカルトン通りを歩く
「メトロ」の看板


「メトロ」はバス停
フィットネスクラブの内部


サイクルショップの内部
韓国系の旅行代理店


「格安航空券」の看板
洒落た外観の教会


Comments

Comments are closed.

  • 70代編日本一周

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.79
    11月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    群馬県・榛名山周辺編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up