カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[156]

投稿日:2012年8月29日

潮風を受け、大海原を見ながらいくつもの漁港を過ぎる

 8月20日5時、敦賀駅前の「東横イン」を出発。越前の一宮、気比神宮を参拝し、国道8号を北へ。敦賀湾沿いの道を行く。スズキDR-Z400Sで切る潮風がたまらない。対岸に見えるのは敦賀半島。その突端は立石岬だ。
 国道8号から国道305号に入り、さらに海沿いの道を行く。海は敦賀湾から若狭湾に変っている。
 南越前町から越前町に入る。国道沿いには「越前ガニ」の看板を掲げた店を見かけるようになるが、このあたりが越前ガニの本場。冬の越前ガニの季節だと、店先の大釜でカニをゆでている光景があちこちで見られる。
 越前海岸にはいくつもの漁港がつづくが、その中でも最大の小樟(ここのぎ)漁港でDRを停めた。
 ここでは越前ガニの競りを見たことがある。漁船から水揚げされた越前ガニが魚市場にズラリと並ぶ光景は、それは壮観な眺め。カニはゴソゴソ動き、まだ生きていた。
 午前8時に一番競りが始まると、競り落とされた越前ガニはすぐさま業者の車で港外に運び出されていく。保存のきかない越前ガニは鮮度が勝負。そのあと二番競り、三番競りとつづき、競りは午前10時過ぎには終わった。そんな越前ガニの競りの光景が小樟漁港の岸壁に立つと、鮮やかに蘇ってくるのだった。
 越前玉川温泉を過ぎたところが越前岬。若狭湾の対岸が近畿最北端の岬、丹後半島の経ヶ岬になる。
 この越前岬の沖、丹後半島の経ヶ岬に向かって西へ2、30キロの海域が越前ガニの漁場になっている。越前ガニは水深200メートルから400メートル、水温1度から3度の深い、冷たい海に生息している。
 越前岬を過ぎると日本海になる。左手にはてしなく広がる大海原を見ながらDRを走らせた。

敦賀駅前の「東横イン」を出発
敦賀湾を見ながら走る。対岸は敦賀半島


越前ガニの本場、小樟漁港(越前漁港)
断崖が海に落ちる越前岬


Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年8月号
    7月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up