カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[140]番外編

投稿日:2012年8月3日

韓国往復縦断2005(9)

李承晩と金日成、二人の別荘を訪ねる

 韓国最北の地、北緯38度35分12秒、東経128度22分30秒の高城統一展望台が「韓国往復縦断」の折り返し地点。ここから束草へと戻っていく。
 途中、日本海の海岸にある李承晩の別荘を見ていく。
 李承晩(1875年?1965年)といえば、かの悪名高き「李承晩ライン」で知られる韓国初代の大統領。この別荘は1953年以降、使われたものだという。

李承晩の別荘を見学


映画の舞台になった日本海の海岸
韓国婦人3人が記念撮影


 つづいて金日成の別荘に行く。別荘近くの日本海の海岸は映画の舞台になったところで、そこでは韓国人婦人3人がうれしそうに記念撮影をしていた。
 金日成(1912年?1994)といえば北朝鮮の独裁者。1948年から1994年までの長きにわたって北朝鮮を支配した。
 この別荘は1945年以降、使われたものだという。
 別荘内に展示されている朝鮮戦争(1950年?1953年)での北朝鮮の侵攻図には目を奪われる。それには「6・25」と赤字で大きく書かれているが、北朝鮮は1950年6月25日をもって韓国に侵攻。怒涛のごとく南進し、あっというまに釜山近くまで攻め込んだ。韓国政府はあわや済州島に逃げ込むかという寸前まで追い込まれた。北朝鮮の侵攻図にはそれが描かれいる。
 朝鮮戦争は1953年7月27日に停戦したが、それは終戦を意味するものではない。いまだに朝鮮半島に一触即発のきな臭さが漂うのは、朝鮮戦争が終っていないことが大きく影響している。
 別荘内では1枚の写真にも目を引かれた。この別荘に遊びに来ていた金正日の写真。晩年の醜さからは想像もできないようなかわいらしい少年の姿が目に残った。
 それにしても李承晩と金日成という、今日の韓国と北朝鮮に大きな影響を与えた2人の人物の別荘が、日本海の海岸のすぐ近くにあったというのは何とも興味を引かれる話ではないか。

金日成の別荘への道
厳しい現実!


金日成の部屋
金日成の別荘内の朝鮮戦争図


別荘にやってきた金正日(矢印)


別荘から見下ろす日本海
日本海の海岸には小学校


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。