カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[82]

投稿日:2012年6月4日

ワニノから336キロ、ガス欠なにし無事到着

 タタール海峡(間宮海峡)の港町、ワニノからシホテ・アリニ山脈を越えてアムール川流域のリドガに向かう。
 ワニノから176キロ地点のカフェで昼食。食べ終わると食後のコーヒーを飲みながらの歓談。これが何ともいえずに楽しい時間だ。
 カフェを出発し、リドガに向かう。ほんとうはここでサポートカーと合流したかったのだが、修理に手間取っているようでついに到着しなかった。こうなったら、1台もガス欠することなく全車が無事、リドガに着けるのを願うばかりだ。
 シホテ・アリニ山脈を横断するダートを走り、やがてアムール川の水系に入っていく。
 アムール川の支流はあっというまに大きな流れになり大河の様相。さすが世界の大河、アムール川だけあって、シホテ・アリニ山脈から流れ出る支流にも大河の風格十分だ。
 我々はついにシホテ・アリニ山脈の山中のダートを走りきり、2車線の舗装路に出た。「ワニノ→リドガ」間のダート距離は100キロ超。舗装区間が着々と伸びているので、おそらく近いうちに「ワニノ→リドガ」間の全線が舗装路になることだろう。

リドガを目指す
滔々と流れるアムール川の支流


アムール川支流沿いの道
2車線の舗装路に出る


舗装路になったところで全車を待つ


 そのときは「稚内→コルサコフ→ホルムスク→ワニノ→リドガ→ハバロフスク」というこのルートが脚光を浴びるようになるのは間違いない。
 ハバロフスクからはイルクーツク、ノボシビルスクとシベリアを横断し、ウラル山脈を越え、モスクワまで一直線で行ける。モスクワからはさらにヨーロッパの国々へ。新たなユーラシア横断時代の幕開けだ。
 ワニノを出発してから9時間後の17時、ついに我々はリドガに到着した。
 ワニノからの距離は336キロ。1台のバイクもガス欠することなくガソリンスタンドで全車、満タンにした。やったねー!
 我々は意気揚々とした気分でリドガの町に入っていった。

リドガのガソリンスタンドでは道祖神の菊地さんが給油してくれる
ガソリンスタンドの料金所


リドガの交差点。右はコムソモリスク・ナ・アムーレ、左はハバロフスク
リドガの町に入っていく


リドガの公園


Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年8月号
    7月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up