カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[70]

投稿日:2012年5月20日

ソ連軍との激戦地、旧道で峠を越える

 翌朝も夜明けとともに起き、1時間ほどユジノサハリンスクの町を歩き、「ベルカホテル」に戻った。そして朝食。道祖神の菊地さんは自由市場で買ったというキムチをみんなに出してくれた。それを試しに黒パンの上にのせて食べてみるとけっこういける。名づけて「キムチ黒パン」だ。
 9時、ユジノサハリンスクを出発し、ホルムスクに向かう。
 この道は1991年の「サハリン南部周遊」で往復したルート。そのときに比べると格段に道がよくなり、交通量も多くなっている。ホルムスクまでの標識もしっかりしている。途中には食事もできる「カフェ」もできている。
 ユジノサハリンスクからホルムスクまでは100キロ。その手前ではホルムスク峠を越える。切通しになった2車線の新道がズバッと切り裂くようにして峠を越えているが、ここでは旧道で昔の峠に登った。そこにはロシアの戦勝記念碑が建っている。
 このホルムスク峠は日本時代の熊笹峠。熊笹峠の名前どおり、峠は一面、クマザサで覆われている。見晴らしのよい峠で日本海がはるか遠くに見渡せた。
 熊笹峠は日本軍とソ連軍の激戦の地。昭和20年8月15日の終戦後、ソ連軍は真岡(現ホルムスク)を攻撃し、真岡に上陸した。そのソ連軍に対し、熊笹峠に陣地を構えていた日本軍は激しく高射砲を浴びせかけた。そのため上陸したソ連軍は熊笹峠の日本軍を徹底的に攻撃し、日本兵の死体が要塞内で折り重なったほどだという。
 このときのソ連軍の真岡上陸で、当時の真岡郵便電信局の9人の電話交換嬢は、
「みなさん、これが最後です。さようなら…」
 と、最後の言葉を残して集団自決した。
 稚内港を見下ろす稚内公園には樺太に眠る我が同胞の慰霊碑の「氷雪の門」があるが、その隣の「九人の乙女の碑」は真岡郵便電信局の9人の電話交換嬢の慰霊碑だ。
 ホルムスク峠から日本海に下り、ホルムスクの町に入っていく。ここから我々は連絡船に乗って間宮海峡(タタール海峡)を渡るのだ。

ユジノサハリンスクを出発。ホルムスク、アニワは直進、ドリンスクは右折
これもユジノサハリンスクの道標。ホルムスクは直進、アニワは左折


ホルムスクへの途中で小休止
このような森林がつづく


道路沿いのカフェ。ここでは食事ができる
旧熊笹峠のホルムスク峠


ホルムスク峠の戦勝記念碑
ホルムスク峠に残る旧日本軍の要塞跡


ホルムスク峠から日本海に下っていく
ホルムスクの町に入っていく


Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年8月号
    7月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up