カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[66]

投稿日:2012年5月15日

為替レートにもロシアの現代史を垣間みる

「ユジノサハリンスク探訪」を開始。まずはユジノサハリンスク駅に隣あっている「ユーラシアホテル」で両替する。1万円で3500ルーブル。1ルーブルは2・8円だ。
 なんとも今昔の感がある。
 ぼくが初めてロシアを旅したのは1977年。横浜から船でナホトカに渡り、列車でシベリアを横断した。その当時の1ルーブルは420円。1USドルよりもはるかに高かった。それが1991年にバイクでサハリン南部をまわったときは、ソ連経済の極度の不振もあって1ルーブルは5・5円に急落していた。2000年のバイクでの「サハリン縦断」の時は1ルーブル4・3円、そして今回の2011年が1ルーブル2・8円。この30数年間でルーブルは対円レートで150分の1まで下落したことになる。
 ルーブルを通してソ連、ロシアの現代史が見えてくる。
 ルーブルを手にしたところで、ユジノサハリンスク駅の構内を歩く。
 ホームには北緯50度線を越えたサハリン北部のノグリキ行きの列車が停車していた。2000年の「サハリン縦断」はサハリンを往復縦断した。往路編はバイクでノグリキからオハまで行き、復路編ではノグリキ駅でバイクを貨車に積み、列車でユジノサハリンスク駅に戻ってきた。それだけに何とも懐かしいユジノサハリンスク駅なのだ。
 そのときはユジノサハリンスク駅に到着すると地下のバーでロシア・ビールの「バルチカ3」を飲んだ。今回も同じようにしようと地下のバーを探したが見つからなかった。そこで地上に戻るとキオスクで「バルチカ3」を買い、待合室で飲み干した。
 ユジノサハリンスク駅に隣接した広場にはサハリン鉄道の列車が展示されている。鉄道ファンにはたまらない場所。ロシア製の蒸気機関車や日本製のD51、ロータリー車などを見てまわった。

ユジノサハリンスク駅隣の「ユーラシアホテル」
ユジノサハリンスク駅


ユジノサハリンスク駅の時刻表
ノグリキ行きの列車


ノグリキ行き列車の機関車


ユジノサハリンスク駅のキオスク
ロシア製の蒸気機関車


日本製のD51
ロータリー車


Comments

Comments are closed.

  • イベント情報

    バイクフォーラム in ならは
    日時:2019年10月5日
    詳細は上のポスターをクリック!
    オオサンショウウオ
    ソロツーリングラリー
    日時:2019年10月27日
    前夜祭:26日(申込先着100名)
    詳細は上のバナーをクリック!
  • 新刊紹介


    アンダー400 No.77
    8月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    長野県・岡山地区 前編

  • ツイッター

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up