カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[62]

投稿日:2012年5月10日

0.39マイクロシーベルトで警報音が鳴り響く

 コルサコフ港での入国手続きは延々と時間がかかった。これがロシア式。じっと辛抱して待つしかない。我々、「環日本海ツーリング」のバイク軍団は最後になったので、よけいに時間がかかった。
 辛抱したかいがあってまずはイミグレーションでの入国手続きが終了。
 つづいて税関での検査。ここで問題発生。メンバーの1人が放射能チェックでひっかかったのだ。まるで空襲警報のような音が検査場内に鳴りひびき、彼の持物全部が別室で調べられた。
 ガイガーカウンターで荷物ひとつづつを調べられたとのことだが、その結果、放射能源は何とバイクカバー。その数値は0・39マイクロシーベルト。それを聞いたとき、「0・39」ぐらいでこれだけ大騒ぎするのかと驚いた。
「環日本海ツーリング」の前には東北の太平洋沿岸を走った。
 爆発事故を起こした東電の福島第1原発の20キロ圏は立入禁止で国道6号は通行止になっていた。その迂回路として国道399号で阿武隈山地を北上。浪江町の津島から峠を越えて飯舘村の長泥に下った。
 この一帯は原発爆発事故の影響をモロに受けたところで、5月11日の時点で津島は20マイクロシーベルトを超え、長泥は10マイクロシーベルトを超えていた。それでも国道399号は通行止にはならず、普通に通行できたのだ。
 津島や長泥の放射線量はコルサコフの税関を大騒ぎさせた「0・39」とは桁違い。コルサコフの税関職員が10とか20という数値を知ったら、きっと腰を抜かさんばかりに驚くことだろう。
 放射能チェックでひっかかった荷物は没収され、日本に送り返されることになった。サハリンでは処分できないのだという。たかだか「0・39」なのに…と思ったが。
 バイクの方は全車が放射能チェックにひっかかることもなく、無事に受け取れた。
 まずはサハリンの第1歩、港周辺を歩き、2、3軒の店をのぞいて見てまわる。
 店内を一目、見ただけで2000年の「サハリン縦断」のときよりも、はるかにモノが豊富になっているのがわかった。この10年あまり、サハリンは石油景気、天然ガス景気で湧いた。

コルサコフ港周辺の店を見てまわる


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。