カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第120回 朝日スーパーライン

投稿日:2011年9月27日

2010年 林道日本一周・東日本編

三面林道でナイトランに突入

 酒田に到着すると、最上川河口の飛島航路のターミナルまで行く。岸壁には飛島行きの船「とびしま」が接岸していた。酒田港を見たあと国道112号の出羽大橋で最上川を渡る。この橋が「山形の母なる流れ」最上川の一番下流にかかる橋だ。
 最上川の悠々とした流れを目に焼きつけ、酒田ICで山形道に入る。スズキDR-Z400Sで山形道を突っ走り、庄内あさひICで降りる。そこから県道349号を南下。その途中にある荒沢ダム手前の荒沢の集落から花戸林道に入っていく。県道349号東側の山中を縫って走る林道だ。以前は10キロをはるかに超えるログダートだったが、今では舗装化が進んでいる。それでも8・2キロのダート距離で、まあまあおもしろく走れる林道だ。
 ふたたび県道349号に出ると大鳥へ。そのまま県道349号の朝日スーパーラインを行く。かつてのロングダート、朝日スーパー林道。急速に舗装化が進んだが、山形県側、新潟県側、ともにまだダート区間は残っている。
 大鳥から7・5キロ地点でダートに突入。路面は良く整備されていて走りやすい。新潟県境までの9・1キロがダートだ。新潟県側は2・2キロ、4・1キロと2区間のダート。合計するとダート区間が15・4キロの朝日スーパーライン。とくに山形県側はそこそこ走りごたえがある。
 とっぷりと日の暮れた朝日スーパーラインで奥三面ダムまで下り、そこで村上に通じる県道349号と分れ、あさひ湖沿いの道を行く。舗装路がつづくが、新潟・山形県境の蕨峠の手前で三面林道のダートに突入。林道ナイトランの開始だ。
 蕨峠を越えて山形県に入り、小国へと下ってく。6・4キロのダートを走りきり、集落の明かりが見えてきたときは、ホッとする一瞬だ。
 小国到着は21時20分。大鳥を出発したのが18時45分だったので2時間35分、かかったことになる。その間の距離は78キロ。小国からは国道113号で新潟県に入り、国道7号に出ると新発田へ。新発田駅前到着は24時。駅前にある「新発田ニューホテルプラザ」に飛び込みで行くと泊まれた。
 いやー、助かった。
 部屋に入り、シャワーを浴びると、あとはもう爆睡状態。ベッドに横になるのと同時に、まるで泥沼の中に落ち込むような感じで深い眠りに落ちていった。

より大きな地図で 林道日本一周東日本編 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 49,44,38,37,31,27,

酒田→朝日→荒沢→大鳥→奥三面ダム→蕨峠→小国→新発田

酒田の飛島航路のターミナル
飛島行きの「とびしま」


酒田港の漁船
最上川の河口を望む


花戸林道のダートに突入!
花戸林道を行く


朝日スーパーラインの山形県側
奥三面ダムのあさひ湖を渡る


三面林道のナイトラン、開始!
新発田駅前に到着


Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊

  • 新刊紹介


    モトチャンプ
    2022年9月号
    8月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャーニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。