カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第118回 三森山林道

投稿日:2011年9月24日

2010年 林道日本一周・東日本編

混浴大露天の湯川温泉高繁旅館

 JR北上線のほっとゆだ駅前を出発。県道215号で湯川温泉へ。
 出途の湯、中の湯、奥の湯の3湯があるが、それらを合わせて湯川温泉といってる。ここでは奥の湯の「高繁旅館」(入浴料300円)の湯に入った。
 フロントは3階にある。まずは2階の「黄金風呂」に入る。黄金のタイルを敷詰めた湯船。黄金の肌ざわりが何ともいえない。
 次に1階の混浴大浴場へ。ここは脱衣所も男女一緒。同じく混浴の大露天風呂には巨大な陰陽石がある。大きく口をあけた陰石からは熱湯が流れ出ている。湯量豊富な温泉だ。源泉は79・6度。露天風呂のわきには木箱の蒸し風呂がある。
「今度は泊まりで来たい!」
 と思わせる「高繁旅館」だ。
「高繁旅館」の前の道をそのまま行くと三森山林道の入口。岩手県側は大荒れ状態で、轍が隠れるほど、夏草がおい繁っている。岩手・秋田県境の峠へ。中央分水嶺の名無し峠に到達したときはホッと救われたような気分だ。
 秋田県側に入ると、ぐっと道はよくなる。三森山の登山口を過ぎ、ゆるやかな下りを下っていくと国道107号近くの集落に出る。そこで舗装路に変る。ダート16・6キロの三森山林道だ。
 国道107号に出ると、秋田・岩手県境の巣郷峠へ。
 奥羽山脈の巣郷峠は通年、通行可。トンネルではなく、そのまま峠上を越えていく奥羽山脈の峠の中では、ほとんど唯一の例といっていい。それだけ標高が低いということだ。
 巣郷峠の標高は296メートル。峠上は平坦で巣郷温泉の「峠の湯」や何軒かの温泉宿もある。ここの「でめ金食堂」で昼食。「馬刺定食」(1000円)を食べた。

より大きな地図で 林道日本一周東日本編 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 62,56

ゆだ駅→湯川温泉→巣郷峠

JR北上線のほっとゆだ駅前を出発
湯川温泉「高繁旅館」の大浴場


湯川温泉「高繁旅館」の大露天風呂
三森山林道のダートに突入!


三森山林道の岩手県側は大荒れ
三森山林道の岩手・秋田県境の峠に到達


三森山林道の秋田県側はよく整備されている
国道107号の巣郷峠


巣郷峠の「でめ金食堂」
「でめ金食堂」の「馬刺定食」


Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年1月号
    1月6日発売

    クレージージャニー
    第5回


    タンデムスタイル No.226
    1月22日発売

    賀曽利隆の分割日本一周
    関東編


    アンダー400 No.86
    1月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    西伊豆編

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 関連サイト

  • サポーターサイト

Scroll Up