カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

5月20日(3)青森県

投稿日:2011年9月8日

頑張ってるぞ!東北!! ツーリング[鵜ノ子岬→尻屋崎 59]2011年5月20日

 久慈市内をぐるりとひとまわりし、国道45号を北上。久慈市内同様、青森県境までの間の国道沿いでは、津波の被害は見られなかった。
 青森県に入ると、海岸線を走る県道1号を北上。驚いたのは、海岸スレスレに建つ家々がまったく無傷なこと。県道1号に沿って走るJRの八戸線(階上ー久慈間は不通)も列車が動いていた。東北の太平洋岸の鉄道は大半が大きなダメージを受けているので、ピカピカに光っているいる線路を久しぶりに見た。
 ほぼ全線が復旧している道路と、ほぼ全線がいまだに不通の鉄路の違いは、あまりにも対照的だ。それは鉄路から道路へと、時代がはっきりと変ったことを今回の大震災は証明している。
 風光明媚な種差海岸を行き、葦毛崎の展望台に立った。そこから見渡す海岸線には南側にも北側にも、大津波による痕跡は見られなかった。

南部藩は古くから知られた馬産地でした。広大な放牧地の一部であった葦毛崎は、葦毛の馬にちなんで名付けられたといわれています。ここには太平洋戦争のさ中、時の海軍通信部隊基地の防空伝波探知機が設けられていました。現在は太平洋の大パノラマが楽しめる展望台として有名です。また、種差海岸天然芝生地に至る5・2キロの遊歩道の出発点にもなっています。遊歩道の周辺には、春はフクジュソウ、初夏にはニッコウキスゲやハマナス、秋は北限のハマギクなど季節の花が乱れます。耳を澄ませば、ウミネコやイソヒヨドリなどの野鳥のさえずりが聞こえ、青空に映える白亜の鮫角灯台や馬駆ける緑の牧場の牧歌的な風景を見ることができます

 と書かれた案内板が立っているが、葦毛崎の展望台からはまさにその通りの風景が見られた。

無傷で残った久慈の中心街
国道45号の岩手・青森県境


青森県の県道1号を行く
海辺の集落はまったく被害を受けていない


JR八戸線の「階上ー八戸」間は運転を再開
種差海岸を行く


種差海岸の天然芝生の園地
葦毛崎の展望台


葦毛崎から南を望む
葦毛崎から北を望む


葦毛崎の岩場
左手には鮫角灯台が見えている


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。