カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

5月19日(21)田野畑村

投稿日:2011年8月26日

頑張ってるぞ!東北!! ツーリング[鵜ノ子岬→尻屋崎 56]2011年5月19日

 小本温泉を出発。ビッグボーイを走らせ、国道45号を北上。一部区間、開通した三陸道に入る。すぐに国道45号と合流するが、一日も早い三陸道の全線開通を願う。仙台から八戸までの全線が開通したら、三陸海岸はきっと変る。きっとよくなる。
 三陸海岸の復興のためにも三陸道の一日も早い全線開通を!
 田野畑村に入ったところで国道45号を右折し、三陸海岸のハイライトシーンといってもいい鵜ノ巣断崖に行く。展望台に立ち、「海のアルプス」を思わせる大断崖を見下ろす。この風景は大津波以前とまったく変わりない。
 国道45号に戻ると、最高所地点(380m)の閉伊坂峠まで行く。そこで折り返し、国道45号を離れ、海沿いの道を行く。

完成間もない三陸道
鵜ノ巣断崖の展望台


鵜ノ巣断崖を一望!
国道45号の閉伊坂峠


 田野畑漁港の堤防は大津波でかなり破壊されていたが、岸壁にはまったく無傷の漁船が接岸していた。それを見て、
「頑張れ、田野畑!」
 とエールを送りたくなった。
 田野畑漁港近くの羅賀は今回も30メートル級の大津波に襲われたが、明治三陸大津波(1896年)では非公式の記録だが、波高50メートルという大津波に襲われたという。
 羅賀からさらに三陸のリアス式海岸を行き、夕暮れの北山崎に到着。
 高さ180メートルの断崖に太平洋の荒波がぶつかり、白く砕け散っている。ここは観光バスが来るような観光地で何軒もの店が並んでいるが、すでにシャッターを下ろしている。
 そんな北山崎から北緯40度線の岬、黒崎にある国民宿舎「くろさき荘」に電話すると、「いいですよ。夕食も準備できます」とのうれしい声。
 ビッグボーイにムチを入れ、「くろさき荘」に急ぐ。
 19時30分、「くろさき荘」に到着。大浴場の湯に大急ぎで入り、食堂へ。湯上りのビールをキューッと飲み干したあと、夕食をいただいた。
「くろさき荘」はほぼ満員。それだけに飛び込み同然で泊まれたのはラッキー。駐車場には日本各地から来た車が並んでいたが、そのすべてが復興関連工事の業者の車だった。

田野畑漁港で見た漁船
田野畑漁港の防波堤は激しく破壊されている


夕暮れの北山崎
黒崎の国民宿舎「くろさき荘」に到着


「くろさき荘」の夕食

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.83
    7月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    茨城・福島県境編

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up