カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

5月19日(3)大理石海岸

投稿日:2011年6月25日

頑張ってるぞ!東北!! ツーリング[鵜ノ子岬→尻屋崎 38]2011年5月19日

 民宿「堀新」を出発し、唐桑半島を北上。只越から国道45号に入る。海沿いの只越の集落はかなりやられているが、おそらくここが唐桑半島では一番の被害地であろう。
 国道45号で岩手県境に向かっていく。その手前で大理石海岸に寄り道した。国道45号からわずかな距離。集落内の曲がりくねった坂道を下ると岩井沢漁港に出る。ここでは何隻もの船が無傷で残った。
 漁港の前に車が何台か停められる駐車場がある。そこには大理石海岸の案内板が立っているが、その説明を紹介しよう。

 大理石海岸は、永い年月にわたる地殻の変動や海水の浸食によってできたリアス式沈降性海岸です。岩質は大理石層、石灰岩層、黒色粘板岩層に分類され、光り輝く白亜の岩礁は湾内の景観をいっそう引き立たせております。霧立山から流れ出る清流は植物性プランクトンを含み、やがて動物性プランクトンの繁殖によって小魚や海草、ウニ、アワビ、カキなどの豊富な魚介類が自然繁殖するようになりました。駐車場の北側には深さ30メートルに及ぶ鍾乳洞があり、これまでの内部調査によって縄文式土器や石斧など数点が発見されています。また、駐車場南西側の斜面にはアサリやカキ、貝殻等の貝塚が発見されており、縄文人たちの足跡がここには色濃く残されております。
 さらにこの駐車場から徒歩5分ほどの南側大理石層(石切場)にはたくさんのウミユリ等の化石群が露出しており、学術的な調査をする上で大変貴重な場所になっています。
 明治40年、浅野セメントの創始者・浅野総一郎氏がアメリカの鉱山学博士のR・スミス氏と共にこの地を訪れ、大理石の優れた性質を見て、「イタリア産大理石を凌ぐ」と絶賛されたことが伝えられています。浅野セメントはその後10年間に渡り採掘をつづけましたが、岩石を積む船(運搬用の帆船)の接岸が容易ではなく、やむなく採掘を中断したと言われております。
 また一説には東京日本橋の三越本店正面玄関の左右ライオン台座の大理石礎石はこの場所から運ばれたものだといわれております。当時の積み残した大理石の原石が今でも石切場のいたるところに残っており、往時を忍ばせております。
 陸中海岸は宮城県気仙沼市から岩手県久慈市まで180キロにも及ぶ起伏にとんだ美しい海岸線で、昭和30年に国立公園の指定を受けました。昭和44年に国道45号の仙台宮古間が開通すると同時に陸中海岸に観光ブームが到来し、その頃から誰がいうでもなく、この海岸を「大理石海岸」と呼ぶようになりました。(後略)

 そんな大理石海岸の説明を読んでから遊歩道を歩いた。大理石海岸の名前の通り、大理石の岩場が朝日を浴びて白っぽく光り輝いている。
 目の前の海は広田湾。その一番奥は今回の大津波で史上空前といってもいいほどの大きな被害を出した陸前高田。そのすぐ近くの大理石海岸は以前とまったく変らない姿で残っていた。

大理石海岸の岩井沢漁港。ここでは何隻もの船が無傷で残った

大理石海岸の美しさは変らない

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。