カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

5月12日(10)登米→浦和

投稿日:2011年6月17日

頑張ってるぞ!東北!! ツーリング[鵜ノ子岬→尻屋崎 20]2011年5月12日

 石巻からは登米へ。そこにあるボランティア団体、RQの本部を訪ねたかったのだ。
 夕暮れの石巻を出発。国道45号を行き、河北ICで三陸道に入る。ここは無料区間ということもあって交通量は多い。対面通行の区間が大半なので、車の列が長くつづいている。それでもスムーズに流れている。
 登米ICで三陸道を降り、登米(とめ)市の中心、登米(とよま)町に入っていく。そこでRQの本部を聞くと、誰も知らない。ガソリンスタンドでDRの給油がてら聞くと、それは旧登米(とよま)ではなく旧東和町にあるという。
 登米(とめ)市というのは2005年に登米(とよま)町を中心に迫町、東和町、中田町、豊里町、米山町、石越町、南方町の登米(とめ)郡の8町と本吉郡の津山町が合併して誕生した市。市域が広いのだ。そのため登米町の人に他の旧町のことを聞いても知らないのは当然か。
 旧登米町から北上川沿いの県道202号(一関街道)で旧東和町に入り、国道346号に合流。道の駅「林林館」の先で国道を右折し、3キロほど行くと旧鱒淵小学校に着く。そこの体育館がRQの本部になっていた。正式な名称は「RQ市民災害救援センター」。体育館内に入ると、ちょうどミーティングの最中で、代表の広瀬敏通さんが熱のこもった話をしていた。それを全国各地からやってきた100人近いボランティアの人たちが真剣に聞いていた。
 1時間ほどのミーティングが終ると、各グループごとに分れ、翌日の仕事の分担を話しあっている。
 代表の広瀬さんとは以前、沖縄で一緒になったことがあったので、ミーティングが終ると挨拶をかわし、
「一目、RQの本部を見たかったんですよ」
 といって広瀬さんと話した。

登米のRQ本部
ボランティアのみなさんのテント


全国から寄せられた支援物資


 登米のRQ本部を出発したのは21時。登米東和ICで三陸道に入り、仙台北部道路経由で東北道を南下。大雨といっていいような雨降りで、もう寒くて眠くて…。
 23時30分、国見SAに到着。ここでは「味噌ラーメン」を食べた。
 3時45分、佐野SAに到着。ここでは「佐野ラーメン」を食べた。
 そして夜明けの4時45分、浦和料金所に到着。こうして「頑張ってるぞ!東北!!ツーリング」の第1弾目を終えた。

国見SAの「味噌ラーメン」
佐野SAの「佐野ラーメン」


夜明けの浦和料金所に到着


Comments

Comments are closed.

  • キャンプミーティング in ならは

    日時:2022年6月4日〜5日
    詳しくは上のポスターをクリックしてください。
  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年6月号
    5月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。