カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

5月12日(7)仙台空港→仙台

投稿日:2011年6月16日

頑張ってるぞ!東北!! ツーリング[鵜ノ子岬→尻屋崎 17]2011年5月12日

 宮城県の太平洋岸の幹線、県道10号を行く。国道6号→国道4号よりも海側のルートで、仙台市内の渋滞にもあまり巻きこまれず、ショートカットで塩竃、松島から三陸海岸方面に行けるので、きわめて便利なルートなのだ。国道45号にぶつかったところでは、仙台港北インターから三陸道に入ることもできる。

県道10号を行く


 その県道10号は今回の大津波で激しくやられ、沿道には延々と被災地がつづく。
 その中にあって、県道10号から海岸地帯に出たところにある神明社は奇跡的にも社が残った。これでもうすこし落ち着いてきたら、きっと「奇跡の神社」として、神明社にはどっと参拝者が押しかけるようになるような気がする。
 今回、鵜ノ子岬から尻屋崎までの東北・太平洋岸の全域をまわってみて、このような神明社のような奇跡の現場をあちこちで見た。神仏の目に見えない力というものを実感した。

社が残った神明社
奇跡の神明社


 県道10号沿いの「KUMA食堂」で昼食。ボリューム満点の「とんかつ定食」(800円)を食べた。おかみさんは「どうぞ遠慮なくご飯のお替りをしてくださいね」という。夫婦でやっている店で、奥さんもご主人もうれしそう。というのは大津波にやられ、1ヵ月以上たってやっと食堂を再開することができたからだ。
 店のご主人は週刊誌の「東日本大震災」のグラビアページを見せてくれた。見開きページはこのあたりを上空からとった写真。まるで一面、海のようで、「KUMA食堂」をはじめとする家々がその海に浮かんでいた。県道10号は完全に水没していた。大津波に襲われたあと、しばらくは水が引かなかったという。

県道10号沿いの「KUMA食堂」
昼食の「とんかつ定食」


 県道10号は県道20号との交差点より先は通行止になっていた。仙台空港を目の前にするその交差点で県道10号を断念。県道20号→国道4号経由で仙台に入っていった。

Comments

Comments are closed.

  • キャンプミーティング in ならは

    日時:2022年6月4日〜5日
    詳しくは上のポスターをクリックしてください。
  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年6月号
    5月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。