カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

5月11日(6)広野町→いわき市

投稿日:2011年6月3日

頑張ってるぞ!東北!! ツーリング[鵜ノ子岬→尻屋崎 7]2011年5月11日

 東京電力福島第1原発事故20キロ圏の大迂回作戦開始。最短路で20キロ圏の南側から北側に向かうのだ。
 県道35号の広野町・楢葉町境から南、広野町側を戻り、2キロほどいったところで十字路を右折。県道249号に入っていく。浅見川沿いの道。この県道は旧浅見川林道で、そのままダートに突入し、国道399号に出ようとした。ところがダートに突入する地点で通行止。この通行止は原発事故も大地震も関係なく、それ以前からの災害復旧工事(といてっもほとんど工事らしい工事はしていないが)のためだ。
 県道249号を戻り、次に五社山(685m)の南側を通る五社山林道に入っていく。五社山の登山口の駐車場を過ぎたところでダートに突入。路面のよく整備された走りやすい林道。2・9キロのダートを走り、短い舗装路を下ると、県道247号と黒森林道との分岐点に出る。

県道249号に沿って流れる浅見川
五社林道の入口


五社山周辺の案内図
五社山林道のダートに突入!


 旧三森林道の県道247号は「県道」とは名ばかりで、かなりハードなダートコース。3本の林道がぶつかる分岐点から右へ、黒森林道に入っていく。最近は路面の状態は良くなっているが、以前はガレガレのダート。相当、苦労するような林道だった。
 植林地帯の樹林の中を走り、さきほどの県道249号(旧浅見川林道)との分岐点を過ぎ、国道399号の名無し峠に出た。
 ここから東電福島原発事故現場を中心とする20キロ圏の北側に出るには、まだまだ大変な道のりなのだ。

つづいて黒森林道のダートに突入!
国道399号に出る


Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.82
    5月7日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    山梨県/静岡県・天子山地編

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up