カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

5月11日(4)富神崎→波立海岸

投稿日:2011年5月27日

頑張ってるぞ!東北!! ツーリング[鵜ノ子岬→尻屋崎 5]2011年5月11日

 薄磯海岸北側の富神崎からは、海沿いの県道382号を行く。途中、通行止区間はあるものの、かなり走れた。県道382号近くの「かんぽの宿いわき」は海岸のすぐ近くなのにもかかわらず、それほどの被害は出ていない。日帰り入浴は営業中。避難所にもなっているようだ。その近くでは大津波にもめげず、すでに田植えを終らせている水田があった。日本の農民の米づくりへの執念を見る思いがした。
 まさしく「頑張ってるぞ!東北!!」。
 昨年泊まった舞子温泉「よこ川荘」もかなりの被害を受けたが、懸命に再建に向けた工事をしていた。
「できるだけ早く再開しますよ!」
 というおかみさんの声には元気があった。

大津波に襲われた新舞子浜
田植えの終った水田


「かんぽの宿いわき」は営業中
舞子温泉「よこ川荘」はまもなく再開


 国道6号に出ると、国道沿いの大型温泉施設「いわき蟹洗温泉」は大きなダメージを受けて休業中。海岸のトンネルを抜け出た波立海岸はさらに大きなダメージ。「焼きはまぐり」の波立食堂は無残にも建物がつぶれていた。ほかの国道沿いの食堂も軒なみやられていた。
 その中で、海岸にある波立薬師は無傷で残っていた。さらに驚いたことには、岩の上に立っている赤い鳥居も無傷で残っていたことだ。
 波立海岸では「神仏の加護」を見る思いがした。

県道382号北側の通行止地点
大きな被害の出たいわき蟹洗温泉


波立薬師は無事!
大津波にやられた「波立食堂」


波立海岸を走る国道6号は通行可
波立海岸に岩場に立つ鳥居


Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.83
    7月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    茨城・福島県境編

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up