カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

5月11日(2)小名浜

投稿日:2011年5月27日

頑張ってるぞ!東北!! ツーリング[鵜ノ子岬→尻屋崎 3]2011年5月11日

 東北太平洋岸最南端の鵜ノ子岬を出発。勿来から国道6号経由で小名浜へ。
 勿来はそれほどの被害は見られなかったが、小名浜は一転して、大きな被害を受けていた。その間はわずか10キロほどでしかないのに、ずいぶんと大きな差がある。
 小名浜のあちこちで大津波の爪痕をまざまざと見せつけられた。臨海工業地帯も相当の被害を受けている。
 大津波の直撃を受けた東北最大の水族館「アクアマリンふくしま」は休業中。小名浜港は商港も漁港も大きな被害を受けていた。
 魚市場の建物は残ったが、ここで競りが再開されるまでには、まだ相当の時間がかかりそうだ。お目当ての「市場食堂」は休業中。その前はガレキの山と化していた。道をはさんで反対側にある「あさひや食堂」の建物はメチャクチャになっていた。

「アクアマリンふくしま」は休業中
人影のなったくない小名浜漁港の魚市場


 漁港の岸壁に乗り上げた1000トンクラスの大型漁船が3000トン級のクレーン船でつりあげられ、海に戻す作業が完了したことだった。漁港を見にきた人は、小名浜漁港復興の大きな第1歩になるといって喜んでいた。
 その人は「まさか小名浜にこれだけ大きな津波が来るなんで、誰も思ってなかった」
 といっていた。

小名浜港にやってきた巨大クレーン船
「市場食堂」前のガレキの山


 カツオ漁が始まる前に小名浜漁港が復活し、水揚げがはじまり、競りがまじまるのを期待しよう。そのときはきっと「市場食堂」も再開されるはずだ。
 小名浜港を守るような形で東側に三崎が突き出ているが、もしこの岬がなかったら、小名浜は壊滅的な状態になったであろう。
 三崎の展望台に登り、そこから小名浜漁港を見下ろした。
 次に三崎の潮見台から小名浜周辺の海岸線を見下ろした。
 三崎公園の園地にある「マリンタワー」は休業中だ。

小名浜漁港の岸壁
三崎の展望台から見下ろす小名浜漁港


三崎の潮見台から見る南側の海岸線

三崎公園のマリンタワーは休業中

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.84
    9月4日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・前編


    タンデムスタイル No.221
    8月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    北海道編

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up