カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

5月10日 東京→勿来漁港

投稿日:2011年5月25日

頑張ってるぞ!東北!! ツーリング[鵜ノ子岬→尻屋崎 1]2011年5月10日

 大震災から2ヵ月後の5月10日、いよいよ開始だ。
 東北太平洋岸最南端の鵜ノ子岬から最北端の塩屋崎まで走る「頑張ってるぞ!東北!!ツーリング」がはじまる。
 神奈川県伊勢原市の自宅で昼食を食べ、キャンプ用具一式をリアに積んで、スズキの400?オフロードバイク、DR-Z400Sのエンジン始動。昨年、10万キロを達成したDRはこの日のために、メーターを交換してある。メーターは000001キロだ。
「DRよ、頼むぞ!」
 と、ひと声かけて走り出す。
 我が家を出発した頃は晴れていた。それが東名→首都高で都内に入ると雨…。
 いやー、今回のツーリングを予感させるような雨ではないか。
 霞ヶ関で首都高を降り、国会議事堂の前を通って麹町の昭文社へ。約束通り16時ピッタリの到着。そこでみなさんと打ち合わせ。最後は「カソリさんのお荷物拝見」ということで、装備一式をテーブルに広げてお見せした。
 中身の濃い打ち合わせをすませ、みなさんの見送りを受け、17時30分、昭文社の玄関前を出発する。出発の儀式の間だけ、雨はやんだ。さすが「晴れ男・カソリ」。
 ところが霞ヶ関で首都高に入ると、とたんに雨が降り出した。天気予報はこの先、ずっと雨…。それも大雨になるらしい。
「よーし、来るなら来い!」
 といった気分で雨に挑戦。
 最初は強気だったが、首都高から常磐道と、ずっと雨…。
「雨よ、止んでくれ…」
 と、いささか弱気になる。

常磐道の三郷料金所を出発
いわき勿来ICに到着


 常磐道で関東から東北に入り、20時、いわき勿来ICに到着。三郷料金所から151キロ。東北は東京から近いのだ。
 常磐道はここまでまったく問題はなかった。もうすこし路面がやられ、波打っているのではないかと想像したが、それは杞憂でしかなかった。
 夜の勿来(いわき市)の町を走る。ここでは大地震、大津波の影響はほとんど見られない。常磐線の勿来駅に行ってみると、いつも通りの勿来駅だ。

夜の勿来駅
夕食のコンビニ弁当


 勿来駅前から国道6号を南へ。国道沿いのコンビニで弁当を買い、東北と関東の境の鵜ノ子岬へ。岬を境にして東北側が勿来漁港、関東側が平潟漁港になっている。
 人影のまったくない勿来漁港岸壁の屋根の下にDRを停め、その脇で寝ることにする。シュラフのみ。屋根があるので、雨の心配をしなくてもいいのがありがたい。
 そこへ地元ライダーの渡辺哲さんが来てくれた。
 うれしいことにカンビールと「バタピー」、「アーモンド&マカダミア」、「チーかま」を差し入れてもらった。さっそく野宿宴会の開始だ。
 渡辺さんは車なのでノンアルコールだが、カソリは遠慮なくカンビールをいただき、「乾杯!」。ガンガン飲み干し、『ツーリングマップル東北』を見ながら、まずは渡辺情報を仕入れる。渡辺さんの会社はいわき市内。仕事の合間を縫って愛車セローでもって福島県内をまわっている。「渡辺情報」は正確で豊富だ。
 渡辺さんとは「300日3000湯」のときは福島・太平洋岸の温泉めぐりを一緒にした。千葉・勝浦温泉の「3000湯の夕べ」にも来てくれた。
 昨年はひと晩泊まったいわきき市内の舞子温泉「よこ川荘」に来てくれた。(そのときの写真が2011年版の『ツーリングマップル東北』にのっているのでぜひとも見てください)。
 そんな渡辺さんは楢葉町に住んでいる。いや、住んでいたといった方がいい。楢葉町のみなさんは全員、福島第1原発の事故で強制的に退去させられた。
 大地震の被害を受け、大津波の被害を受け、それに追い討ちをかけるように原発事故の影響をモロに受けた渡辺さんだが、三重苦、四重苦を吹き飛ばすかのように、いつも通りの元気一杯さ、明るさだ。
 野宿宴会は夜中までつづいたが、渡辺さん差し入れのカンビールを飲みつくしたところでお開きになった。渡辺さん、ほんとうにありがとう。渡辺さんを見送ったところでコンビニ弁当を食べ、シュラフにもぐり込む。
「頑張ってるぞ!東北!!」ツーリングは、第1日目からすばらしい「東北人」との出会いがあり、いやが上にも盛上がのだった。

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。