カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

東北を走ろう! 峠編

投稿日:2011年4月30日

東北の絶景峠を走ってみよう

 東北の峠は何といっても奥羽山脈を越える峠がいい。こうしてベスト10を選んでみると、すべてが奥羽山脈の峠になる。さすが東北の脊梁山脈。すばらしい眺望の峠が多いし、峠の周辺にはいくつもの温泉があるし、巣郷峠や栗駒峠のように峠上の温泉もある。それになによりも奥羽山脈の峠を越えると、「奥羽」の奥州と羽州の違いがよくわかる。さー、奥羽山脈の名峠を目指して東北を走ろう!

峠名のあとの数字&アルファベットは『ツーリングマップル東北』のページ数、位置を示しています。たとえば傘松峠の89I-1は89ページのI-1を意味しています。

1、傘松峠 かさまつとうげ[青森県](89I-1)
R103の北八甲田と南八甲田を分ける峠(写真)。峠からわずかに下った睡蓮沼からの八甲田連峰の眺めはすばらしい。目の前には高田大岳が聳えてる。


2、発荷峠 はっかとうげ[秋田県](84I-1)
R103の十和田カルデラ外輪山の峠。十和田湖を見下ろす展望台の中では一番のおすすめ。写真のように十和田湖を一望。峠周辺は紅葉の名所。正面には御鼻部山を見る。


3、見返峠 みかえりとうげ[秋田県・岩手県](73H-1)
アスピーテラインの秋田・岩手県境の峠(写真)。岩手側には南部富士の岩手山がそびえ、秋田側には幾重にも山々が連なっている。ここから八幡平の山頂に登れる。


4、巣郷峠 すごうとうげ[秋田・岩手](56D-1)
R107の秋田・岩手県境の峠(写真)。峠上には巣郷温泉。「峠の湯」、「福寿荘」、「クアハウス」の日帰り湯がある。冬期通行可のゆるやかな峠。


5、栗駒峠 くりこまとうげ[秋田県・岩手県](51F-3)
R342の秋田・岩手県境の峠(写真)。岩手県側に須川温泉の「須川高原温泉」、秋田県側に秋田須川温泉の「栗駒山荘」。土産物店もある。目の前には栗駒岳(1627m)がそびえている。


6、花山峠 はなやまとうげ[秋田県・宮城県](51D-4)
R398の秋田・宮城県境の峠(写真)。温泉めぐりには絶好。秋田県側には大湯温泉や子安峡温泉がある。子安峡の大噴湯はすごいぞ!


7、笹谷峠 ささやとうげ[山形県・宮城県](33I-6)
R286の宮城・山形県境の峠。クマザサが峠を覆いつくしている。山形県側の幾重にも重なりあった山々を見る。ここは奥羽を結ぶ最古の峠。写真は山形県側の登り。


8、刈田峠 かったとうげ[山形県・宮城県](29H-2)
蔵王エコーラインの宮城・山形県境の峠。峠からはリフトで刈田岳の山頂に登れる。そこから見下ろす御釜は絶景。蔵王を一望できる。写真は山形県側の登り。


9、鳩峰峠 はとみねとうげ[山形県・宮城県](29C-6)
R399の福島・山形県境の峠(写真)。山形県側の眺めはすばらしい。眼下に米沢盆地が広がり、その向こうには飯豊連峰、朝日連峰の山々が連なっている。


10、土湯峠 つちゆとうげ[福島県](19B-2)
R105旧道の峠。吾妻山と安達太良山の間を越えていく。峠(写真)からは磐梯山を中心とする会津側の山並みを眺める。峠上で磐梯吾妻スカイラインが分岐する。

Comments

Comments are closed.

  • Takashi Kasori チャンネル

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年6月号
    5月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー


    アンダー400 No.88
    5月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    静岡県・田貫湖編

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up