カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第39回 都井岬

投稿日:2011年2月4日

2010年 林道日本一周・西日本編

 夜明けとともに宮崎駅前の「東横イン」を出発。宮崎駅前にスズキDR-Z400Sを停め、いつものように出発の儀式だ。
「さー、行くぞ!」
 とガッツポーズで気合を入れ、DRに声を掛け、それから走り出す。
 それにしてもひと晩の眠りの力というのはすごいものだ。
「東横イン」には24時過ぎにチェックインをし、5時前にはチェックアウト。4時間ほどしか寝ていないが、昨夜のメロメロヘトヘト状態はまるでウソのように、体はシャキッといている。
 こういうときは目に入るものすべてがキラキラ光輝いて見える。
 体には新な力が蘇っているので、心の底から、DRに「さー、行くぞ!」と声を掛けられるのだ。
 宮崎からは国道220号を南下。青島を通り、堀切峠を越えて日南海岸を南下していく。宮崎から都井岬(といみさき)に至る約90キロの日南海岸は、国定公園に指定されている。
 沿道にはフェニックスやリュウゼツランなどの亜熱帯樹が茂り、色とりどりの花々が咲いている。
 JR日南線の南郷駅前からは国道448号に入り、日本の名岬の都井岬へ。

野生馬の遊ぶ都井岬

 日南海岸の尽きる都井岬の白い灯台は高さ10メートルほどでしかないが、なにしろ断崖絶壁の上に立っているので、海上から灯台までは250メートルもの高さになる。
 都井岬は波の侵食に残った砂岩と頁岩が交互に層を成して重なり合った地層をしているが、その地層の露出した断崖絶壁の眺めはものすごい迫力だ。
 都井岬は野生馬でよく知られている。元禄10年(1697年)、高鍋藩主秋月種政が軍用馬の増産のため、ここに「御崎牧」を設けたことに始まるという。
 その後、御崎牧の馬は長い年月の間に野生化し、290年の自然放牧に耐えた純度のきわめて高い日本馬として国の天然記念物に指定されている。
 都井岬はまた日本最北の蘇鉄の自生地としても知られている。約3000本の蘇鉄も、国指定の天然記念物になっている。
 岬の突端には御崎神社がある。創建は和銅元年(708年)といわれ、蘇鉄の自生する断崖を背に、小さな社が建っている。
 沖縄の御嶽を連想させるような風景で、きっと背後のそそり立つ岩山が御神体になっているのだろう。
 もともとは日本の神社は沖縄の御嶽と同じように拝殿も神殿もなく、自然自体が御神体になっていた。
「ここでは、岬そのものが神だった!」
 と、そんなことを考えながら蘇鉄の覆いかぶさる参道を歩き、御崎神社に参拝した。

日本独自の岬文化、神々の宿る場所

 東京を出発し、ここまで来る間で参拝した山城国の一の宮の上賀茂(かみがも)神社や、大和国の一の宮の大神(おおみわ)神社も、その背後にそびえる山が御神体になっている。つまり自然そのものが神なのだ。
 岬と神社はまるでセットになっているかのようで、日本の数多くの岬には神社がまつられている。そのため岬は日本人にとっては神々の宿る「神聖な地」になっている。
 都井岬の神社が「御崎神社」なのは興味深い。
 どうことかというと、「みさき」は「崎」に「御」をつけた言葉。「み崎」なのである。「飯」に「御」をつけて「ご飯」といっているようなもの。我々日本人は岬を「崎」と呼び捨てにはしない。
 ここからはカソリの「岬考」だ。
「岬」という字は「峠」とは違い、国字ではなく漢字だ。
 だが漢字の「岬」は(日本人の意味する)岬を意味しない。山々が平地(里)に落ち込む所、つまり「山崎」の意味なのである。
 では中国では「岬」にはどういう漢字を当てているかというと、そのような字はまったくない。つまり中国には、我々日本人にとっては信じられないことだが、岬がないのだ。あれだけの長い海岸線を持ち、地形としての岬は無数にある中国だが、この国には半島名はあっても岬名はない。これが文化の違いというものなのである。
 中国文化の影響を日本以上に強く受け続けた朝鮮半島も同様で、地形的な岬は数限りなくあるが、やはり半島名はあっても岬名はない。日本にこれだけ近い世界なのに…。
「岬のある日本」、「岬のない中国・朝鮮半島」。日本文化の影響を強く受けた台湾には岬名はある。
 いやー、じつにおもしろいではないか。
 なぜぼくがこれほどまで、岬にこだわるかというと、岬は「日本一周」には絶対に欠かせないポイントだからである。人呼んで「岬のカソリ」、いままでに日本中の300余の岬に立っている。
 都井岬をあとにし、国道448号→国道220号で宮崎県から鹿児島県に入っていく。ここでもう1岬、ダグリ岬に寄っていく。展望台に立ち、志布志湾の向こうに連なる大隅半島の山々を眺めたあと、ダグリ岬の温泉、「国民宿舎ボルベリアダグリ」の湯に入り、志布志の町へ。そこから九州屈指の林道の宝庫、大隅半島に入っていった。

フォトアルバム

夜明けの宮崎
ひと晩泊まった宮崎駅前の「東横イン」


宮崎駅前を出発
宮崎の中心街を行く


国道220号で日南海岸を南下
日南海岸の海


都井岬の灯台
都井岬から眺める日南海岸




都井岬の野生馬

都井岬の蘇鉄の群落
都井岬の御崎神社


都井岬の断崖絶壁
ダグリ岬を望む


ダグリ岬の展望台からの眺め
ダグリ岬の「国民宿舎ボルベリアダグリ」


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。