カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第20回 中津尾林道

投稿日:2011年1月11日

2010年 林道日本一周・西日本編

予想を超える10.5km、ロングダートに気分も高揚

 高知県安芸市の山間の温泉、畑山温泉の入口には、「畑山温泉開発の由来」が書かれている。それが興味深い。どのようにしてこの温泉が誕生したかがよくわかるので、その由来をそっくりそのまま紹介しよう

 温泉の源は約2キロ奥地の北川浩一郎氏の山林、大野谷にある。開発は北川格太郎氏、北川小玄太氏の悲願だったと伝えられる。
 昭和43年、当時安芸市議会議員の要職にあった小松次郎氏と奈半利町安岡正光氏が共同し、北川氏の了解を得て、県の掘削許可、水質分析など多大な労苦の末、開発準備が進められた。
 昭和53年、市が各氏の創案を継承し、着工したが、資金については安芸市土居の清藤敏吉氏から多額の御寄付を受け、掘削に成功した。
 温泉は良質のアルカリ鉱泉で毎分35リットル湧出する療養泉である。
 利用施設の供用に当り、上記各氏の温泉開発にかけた情熱と御厚情に応え、その功績を末永くたたえる。

 昭和57年3月吉日 安芸市

 畑山温泉でさっぱりすっきりし、さらなる林道へとスズキDR-Z400Sを走らせる。ダート2・2キロの畑山林道経由で中津尾林道に入っていく。
 一気に高度を上げ、中津尾の集落を走り抜け、峠を越え、国道195号に下っていく。中津尾林道のダート距離は10・5キロ。10キロを超えた!
 西日本編ではダート10キロを目安にし、それ以上をロングダートにしているが、張川林道につづいてのロングダート、中津尾林道の走行はうれしいものだった。
 国道195号に出ると、旧物部村の山村風景を見ながら走る。ここは今、香美市になっている。「市」のイメージからはほど遠い山村の風景だが、国道195号の徳島県側、2町2村が合併して那賀町になったように、高知県側は土佐山田町と香北町、物部村の2町1村が合併して香美市になった。
 旧物部村の中心、大栃からは高知・徳島県境の四ツ足峠に向かっていく。
 峠下のべふ峡温泉を通り過ぎ、四ツ足峠まで行く。さきほどは徳島県側からこの県境の峠まで来たので、ここでドッキング。今度は高知県側の「峠返し」でべふ峡温泉に下っていった。 
 なんともありがたいことにべふ峡温泉には、飛び込みで泊れた。
 さっそく大浴場の湯に入り、湯から上がると生ビールで「乾杯!」。
 一人「林道天国」の高知県に乾杯する。キューッと生ビールを飲み干しながら、これから走る高知県の林道群に想いを馳せるのだ。
 すっかりいい気分になったところで夕食。これぞ山里の味覚といった「鹿のたたき」に舌鼓を打った。

フォトアルバム

畑山温泉の温泉分析表
畑山林道


中津尾林道
中津尾林道からの眺め


中津尾林道の峠
中津尾林道の峠周辺の新緑


旧物部村の山村の風景
国道195号に出る


四ツ足峠に向かっていく
べふ峡温泉に到着


べふ峡温泉に到着
べふ峡温泉の大浴場


べふ峡温泉の夕食
鹿のたたき


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2022年7月号
    6月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。