カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

屯田兵村と兵屋

投稿日:2010年11月18日

25年間にわたり7371戸が入地

 札幌駅北口の「東横イン」を出発。スズキDR-Z400Sを走らせ、札幌郊外の琴似へ。ここが屯田兵発祥の地。「屯田兵村と兵屋」が北海道遺産になっている。

屯田兵屋の内部


 琴似に到着すると、琴似神社の境内に保存されている屯田兵屋を見る。これは開拓使時代初期の明治7年(1874年)11月28日、琴似屯田兵村に建てられた第140番兵屋だとのことで、建築当時そのままの姿で残されている。内部に展示されている家具や農具など諸々のものは、屯田兵に支給されたものが大半だという。

屯田兵屋
屯田兵屋の内部


琴似神社


 屯田兵たちが琴似に入地したのは翌明治8年5月のこと。青森県から49戸、酒田県から8戸、宮城県から93戸、道内から48戸と、合計198戸、男女合わせて965人が琴似兵村に入った。琴似への入地が完了した明治8年5月27日を記念して、琴似神社の春の大祭は毎年、この日におこなわれている。まさに琴似兵村とともに歩んできた琴似神社だ。 
 屯田兵村の設置は明治8年(1875年)の琴似兵村に始まり、明治32年(1899年)の士別兵村、剣淵兵村を最後に25年間にわたっておこなわれ、その数は38兵村、総戸数7371戸になった。200余戸の中隊をひとつの単位として兵村をつくった。
 屯田兵制度は明治37年(1904年)に廃止されたが、屯田兵たちは北海道の警備と開拓のみならず、西南戦争や日清戦争、日露戦争にも参加している。

 新琴似の新琴似神社の境内には「新琴似屯田中隊本部」の建物が残されていると聞き、さっそく新琴似に行ったが、残念ながら新琴似神社にたどり着けなかった。そのかわり「屯田防風林」と呼ばれるポプラ並木を見た。おそらく新琴似兵村を護る防風林だったのだろう。新琴似兵村ができたのは明治20年(1887年)。120余年たった今では、札幌の市街地のすぐ近くにあるとは思えないほどの、豊かな自然を感じさせるポプラ並木になっている。

新琴似の屯田防風林


 札幌に近い江別の野幌には「野幌屯田第二中隊本部」の建物が残され、その近くには、「野幌兵村」の開村記念碑が建っている。

野幌屯田第二中隊本部
野幌兵村の開村記念碑


 北見の野付牛兵村と兵屋も北海道遺産になっているが、ここのメインは「屯田兵人形」だ。それが北見ヶ丘の麓にある信善光寺に安置されている。全部で75体。昭和8年から昭和11年までの3年間でつくられた。人形1体の制作費は30円。当時の米1俵は9円だとのことで、かなりの額をそれぞれの屯田兵の家族や子孫らが支払ってつくられた。写真をもとにしたというだけあって、顔は桐、胴はサワラでできている屯田兵人形は生生しい。それには各人の名前が書かれている。
 この寺の住職が見本の人形1体を背負って地元の屯田兵入植の家々を1軒づつまわり、多くの賛同者を得て、名古屋の人形師につくらせたものだという。今となっては屯田兵の実像を伝える貴重な文化財だ。

北見の信善光寺
信善光寺の屯田兵人形


 屯田兵村は初期の頃は札幌周辺の石狩に展開されたが、次第にその範囲を上川から道東、道北へと広げていった。屯田兵村は北海道を紐解くキーワード。いつの日か、機会をみつけて38兵村の全部をまわってみたいと思っている。

Comments

Comments are closed.

  • Takashi Kasori チャンネル

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年6月号
    5月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー


    アンダー400 No.88
    5月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    静岡県・田貫湖編

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up