カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

北海幹線用水路

投稿日:2010年11月12日

いつか水路に沿ってツーリングを!

砂川を流れる北海幹線用水路


 北海道遺産の雨竜沼湿原から出発点の江部乙駅前に戻ると、次の北海道遺産を目指してスズキDR-Z400Sを走らせる。
 国道12号を南下。滝川を通り、砂川で国道12号を左折し、道道115号に入っていく。JR函館本線の線路をまたぐと、すぐに日本でも最大級の農業水路の北海幹線用水路を渡る。コンクリートで両側をしっかりと護岸された直線状の、幅広の用水路だ。10月下旬という農閑期の季節だからだろうか、水量は思ったよりも少なかった。
 北海幹線用水路をまたぐ橋のたもとには、この農業用水路の案内板が立っている。それには次のように記されている。

事業目的 安定した農業用水の補給と畑地灌漑のための新たな用水確保による農業の近代化と農業経営の安定
総延長 約80?(赤平市住吉~南幌町南幌)
最大通水量 42.48立法メートル/S(赤平市住吉北海頭首工)(代掻き期)
受益面積 14,630ha(赤平市・砂川市・美唄市・岩見沢市・三笠市・奈井江町・栗沢町・南幌町・北村)

 ちなみに北海幹線用水路を愛知用水と比較してみると、愛知用水の幹線水路は113キロで長さでは負けるが、愛知用水の受益面積は14000ヘクタールなので、広さでは北海幹線用水路の方が勝っている。
 なお北海幹線用水路の受益面積は5市3町1村のまたがっていたが、平成の大合併で栗沢町と北村が岩見沢市の一部となり、現在は5市2町になっている。

 北海幹線用水路の案内板の「概要と沿革」では次のように記されている。

「北海幹線用水路(愛称:北海灌漑溝)は、石狩川左岸の広大な平野を水田にするため、大正13年から昭和4年にかけて総工費758万2000円(現在なら約1100億円)で造られました。その後、昭和35年から昭和54年にかけて、「国営総合灌漑排水事業美唄地区」が実施され、それまで土水路だった北海幹線用水路がコンクリート水路等に改修されました。現在は「国営土地改良事業空知中央地区」による改修等が実施されています。このように、北海幹線用水路は完成以来、全国的にも有数の穀倉地帯である中央空知の発展を支えてきました。最近では、この水路の持つ親水性や景観が注目され、水路やその周辺を公園として利用する計画等が進められています」

 今回は砂川で北海幹線用水路を見ただけだが、次回はぜひとも赤平の空知川の取水口、北海頭首工から南幌までの80キロをバイクで走ってみたいと思っている。
 北海幹線用水路は何本もの河川をまたいでいるが、そのような区間では水道橋ができている。トンネルで丘陵地帯を抜けて区間もある。写真の砂川の区間などは市民の絶好の散歩コースになっている。さらに美唄や岩見沢などには親水公園がある。
 このように北海幹線用水路に沿って走る「赤平→南幌」間は絶好のツーリングコースになること間違いなし!

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年9月号
    8月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税